街に、ルネッサンス UR都市機構

「タイムトリップ」大手町二丁目地区(大手町プレイス)

2019年09月30日

UR都市機構の行った事業について、過去と現在の姿を、写真を通じて紹介しています。

地区従前の写真従前の状況(平成22年2月撮影)
地区従後の写真従後の状況(平成30年8月撮影)

大手町二丁目地区(大手町プレイス)/東京都千代田区

当地区は東京駅の北西約400メートル に位置し、東京郵便局、逓信総合博物館といった「逓信建築」の建物が立地していました。平成20 年から街区の高度利用の検討を開始し、平成25年には都市再生特区の都市計画決定を受けて、共同施行者のNTT都市開発とともに再開発事業に着手しました。
昨年8 月には、インターネットデータセンター、カンファレンスホールなどの国際的ビジネスセンター機能を備え、地域冷暖房のループ化などによる高い事業継続性を有する「大手町プレイス」が竣工。グローバルビジネス拠点として始動しています。
また、同事業では大手町と神田・日本橋をつなぐ「竜閑さくら橋」が整備され、大手町プレイスの街区内を貫通するセントラルプロムナードとともに、地域をつなぐ役割も担っています。

大手町プレイスのビルの写真大手町プレイス。東京駅側からの遠景

大手町プレイスのビルの写真逓信建築のデザイン手法を活用した低層部

竜閑さくら橋の写真大手町と神田・日本橋をつなぐ「竜閑さくら橋」

  • ツイート(別ウィンドウで開きます)
  • LINEで送る(別ウィンドウで開きます)

タイムトリップ一覧

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ