街に、ルネッサンス UR都市機構

お客様満足向上への取り組み

CS向上宣言 ~ベストコミュニケーションを目指して~

UR都市機構は、皆様のご期待に応えるため、これまで培ってきた技術やノウハウを活かし、「CS(お客様満足)」、「Challenge(挑戦)」、「Speedy(迅速)」を信条として、人が輝く都市をめざして、美しく安全で快適なまちを実現すべく、日々業務に取り組んでいます。
今後、UR都市機構は、お客様満足を第一に考え、役職員一人ひとりが、お客様の視点に立って行動することにより、これまで以上に、皆様の声に耳を傾け、皆様のご期待にお応えできるよう、努力を続けてまいります。

CS推進方針

役職員一人ひとりが、お客様と接している現場から新たな価値を創造し、パートナーと連携・協働して、社会的課題を解決していきます。

お客様のために

  • お客様からのご意見・ご要望に積極的に耳を傾けます。
  • お客様からのご意見・ご要望に積極的に耳を傾けます。
  • お客様のニーズを的確に反映し、お客様にご満足いただけるサービスの向上を目指します。

社会のために

  • 新たな価値を創造し、社会的課題を解決していきます。
  • 機構業務に関する積極的な情報発信に努めるとともに、皆様にとって分かりやすく価値のある情報提供を行います。

パートナーとともに

  • 地域住民、地方公共団体、民間事業者などパートナーとの連携・協働を図り、そのニーズも的確に事業に反映します。

【ベストコミュニケーション図式】お客様のために、お客様の課題・ニーズに耳を傾け、お客様の課題・ニーズの視点に立った行動を行います。社会のために、社会の評価・ご意見に耳を傾け、情報発信・社会的課題の解決を行います。パートナーとともに連携・協働を図り、URは政策実施機関として持続可能な社会の実現に貢献します。URは全社挙げてのCS向上活動に取り組み、PDCAサイクルを回します。

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ