UR都市機構

地方公共団体の皆様へ

UR都市機構は地方公共団体と協力してまちづくりを進めています。

メリット01 都市再生事業の経験とノウハウを提供

UR都市機構のこれまでの豊富な経験・事業実績を活かし、あらゆるまちづくりのニーズに応えます。

メリット02 都市再生の推進のためにマンパワーを積極投入

まちづくりのプロ集団であるUR都市機構がマンパワーを発揮し、全面的にバックアップします。

メリット03 中立・公平な立場で円滑な調整を実施

公的機関としての信頼性・安心感を活かし、地方公共団体・民間事業者等の関係者の皆様の意見調整を円滑に実施します。

代表的な事例の紹介

根岸三丁目地区プロジェクト

土地区画整理事業と従前居住者用賃貸住宅を活用した避難路ネットワークの整備

根岸三丁目地区プロジェクト

勝田駅東口地区プロジェクト

地域の実情に即した事業フレームの提案と民間活力の誘導により早期の事業実施を支援

勝田駅東口地区プロジェクト

三鷹市民センター周辺地区プロジェクト

防災公園街区整備事業を活用して防災公園の整備と公共公益施設の機能更新・再編を一体的に実現

三鷹市民センター周辺地区プロジェクト

UR都市機構の全国まちづくり支援

UR都市機構では、地方都市や大都市圏の近郊都市において、都市機能の集約化によるコンパクトシティの実現など、地方公共団体の皆様が取組むまちづくりについて、計画づくりから事業の実施まで段階に応じた支援を実施しています。

各種まちづくり支援のご案内

UR都市機構は地方公共団体のまちづくりを支援するため、様々な活動・支援メニューを用意しております。

UR都市機構のコーディネート

UR都市機構のまちづくりの進め方

構想段階

・ 上位計画、権利関係等の地区の現状把握

・ まちづくり上の課題の把握

・ 開発コンセプトの策定

・ 検討体制の構築

・ 需要把握等

計画段階

・ 土地利用計画の策定

・ 必要な都市計画手続きに係る検討、事業手法、事業計画、事業主体、スケジュール等の概略検討

・ 検討体制のランクアップ

・ 事業の実現性の検証

事業化段階

・ 都市計画素案の策定

・ 事業手法・事業計画の詳細検討

・ 事業化に向けた地権者等の合意形成

・ 民間事業者の誘導

事業段階

・ 都市計画等の法手続き

・ 行政、公共施設管理者等との協議

・ 地権者等の権利調整

・ 民間事業者との協議等

UR都市機構の都市再生事業実施基準の概要

地方公共団体のまちづくり支援・補完の検証

1 政策的意義

政策的意義

国の政策に沿った地方公共団体の都市再生関連のまちづくりのための計画、事業実施の議会承認などを確認

2 政策実現効果の目標

政策実現効果の目標

エリア特性をふまえ、政策目的に応じた政策実現効果の目標を設定

3 地方公共団体の意向の確認

地方公共団体の意向の確認

地方公共団体からの要請の確認及び地方公共団体とUR都市機構との適切な役割分担を確認

4 民間困難性と民間投資誘導の確認

民間困難性と民間投資誘導の確認

民間事業者では代替できないことの確認及び民間誘導内容の確認

5 事業採算性の確認

事業採算性の確認

事業実施に伴う想定キャッシュフローの正味現在価値や事業収支を確認

第三者委員会における適合検証結果の評価

事業着手前に、基準への適合検証結果について第三者委員会の審議・評価を受ける

評価結果の事業への反映、見直し

UR都市機構による都市再生事業の実施、評価結果の公表

UR都市機構の都市再生事例

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトインタビュー

UR都市機構は地方公共団体と協力してまちづくりを進めています。事業に携わっている皆さんにお話を伺いました。

メニューを閉じる

ページの先頭へ