街に、ルネッサンス UR都市機構

地方公共団体の皆さまへ

URは、地方公共団体の皆さまと協力して、まちづくりを進めています。

メリット01 トータルな視点

構想から事業まで全体像を見据えた支援をおこないます。

メリット02 公共性・中立性

公的機関という立場で様々な関係者間の調整役を担います。

メリット03 事業経験とノウハウ

今までの住まいづくり・まちづくりで蓄積したノウハウを活かした支援をおこないます。

URが行うまちづくり事業(事業制度)

URが行うまちづくり事業のうち、特に公共公益施設の整備に関係するものをご紹介します。

URのまちづくり支援(コーディネート等)

URは、まちづくりの初期段階において、公益性、中立性、ノウハウを活かして皆さまの構想・計画づくり等の施策の具体化に向けて様々な支援(まちづくりのコーディネート)を行います。このコーディネートを通じて、関係者の皆さまと協議して、事業実現を目指します。また、必要に応じてUR自らも都市再生事業に参加することも可能です。

URによる都市再生事業実施基準の概要

地方公共団体のまちづくり支援・補完の検証

  1. 政策的意義 
    国の政策に沿った地方公共団体の都市再生関連のまちづくりのための計画、事業実施の議会承認などを確認
  2. 政策実現効果の目標
    エリア特性をふまえ、政策目的に応じた政策実現効果の目標を設定
  3. 地方公共団体や地権者の意向の確認
    地方公共団体からの要請の確認及び地方公共団体とURとの適切な役割分担を確認
  4. 民間困難性と民間投資誘導の確認
    民間事業者では代替できないことの確認及び民間誘導内容の確認
  5. 事業採算性の確認
    事業実施に伴う想定キャッシュフローの正味現在価値や事業収支を確認

第三者委員会における適合検証結果の評価

  1. 事業着手前に、基準への適合検証結果について第三者委員会の審議・評価を受ける
  2. 評価結果の事業への反映、見直し

URによる都市再生事業の実施、評価結果の公表

その他概要は下記資料をご覧ください。

都市再生事業についてのお問い合わせ窓口

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ