街に、ルネッサンス UR都市機構

SDGsへの貢献

SDGsアイコン

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は2015年9月に国連総会で採択された「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のための2030年を年限とする国際目標で、17のゴール(目標)と169のターゲットで構成されています。
URに求められている政策的役割は、このSDGsが掲げる17のゴール(目標)と関係するものが多く、私たちが事業を着実に進めていくことは、SDGsへの貢献にもつながっていくものと考えています。

SDGsのゴールとURの関わり

URでは、第4期中期計画の遂行にあたり、多様な主体との連携・協働を通じて新たな価値を創出し、持続可能な社会の実現に貢献することを基本姿勢としています。

3.すべての人に健康と福祉を・UR賃貸住宅の地域医療福祉拠点化の推進など

4.質の高い教育をみんなに・OJTや自己啓発支援、外部との人材交流等による人材育成など

5.ジェンダー平等を実現しよう・女性の積極採用や女性活躍に向けた環境整備によるダイバーシティの推進など

6.安全な水とトイレを世界中に・UR賃貸住宅の適時・適切な修繕やリノベーションによる安全で安心な住まいの提供など

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに・まちや住まいの省エネルギー化や再生可能エネルギーの活用推進など

8.働きがいも経済成長も・多様で柔軟な働き方の推進や、生産性向上に資する職場環境の整備など

9.産業と技術革新の基盤をつくろう・道路、防災公園等のインフラ整備や、復興支援における災害に強いまちづくりなど

11.住み続けられるまちづくりを・土地利用の高度化や、交通結節点機能の強化、公共空間の創出等による都市の再生など

12.つくる責任つかう責任・建設工事により発生する建設副産物のリサイクル推進など

13.機構変動に具体的な対策を・CO2排出量の削減による地球温暖化対策の推進など

14.海の豊かさを守ろう・海洋エリアでの環境負荷の低減や自然との共生に配慮した事業の推進など

15.陸の豊かさも守ろう・緑豊かな環境の整備や自然の力を活用するグリーンインフラの推進など

16.平和と公正をすべての人に・内部統制の適切な運用や情報提供による業務運営の透明性の確保など

17.バートナーシップで目標を達成しよう・各事業における公共団体や民間企業等多様な主体との連携・協働など

URの事業事例を以下のリンク先で詳しく紹介しています

メニューを閉じる

ページの先頭へ