UR都市機構

防災公園街区整備事業

防災公園街区整備事業とは

防災公園整備と市街地整備を一体的に推進する事業です

防災公園街区整備事業とは、災害に対し脆弱な構造となっている大都市地域等の既成市街地において、防災機能の強化を図ることを目的として、地方公共団体の要請に基づき、工場跡地等を機動的に取得するとともに、防災公園と周辺市街地の整備改善とを一体的に実施する事業です。

防災公園とは

災害時は避難地として機能。救援機能及び輸送等の中継拠点機能を担う防災公園として整備し、市街地整備部分と併せて、災害に強いまちづくりに貢献します。また、平常時は、住民に親しまれる花と緑の憩いの場、多目的なレクリエーションの場として利用されます。

防災公園が災害発生時に果たす主な役割としては、 次のものが挙げられます。

  1. 緊急避難の場・一時的避難生活の場となる
  2. 救援活動・復旧活動の拠点となる
  3. 火災の延焼を遅延または防止する

かまどベンチ

防災公園

対象事業

都市の防災機能の向上を目的として地方公共団体からの要請に基づき、
UR都市機構が一体的に行う 1 かつ 2 の事業

  1. 地域防災計画その他の地方公共団体が策定する防災に関する計画において、避難地若しくは防災活動拠点として位置づけられている(位置づけられることが確実 であるものを含む)おおむね1ha以上(用地取得が困難で緊急を有するものは0.7ha以上、「密集市街地緊急リノベーション事業」の整備計画に位置づけ られるものは1,500m2以上)の防災公園の整備で、事業用地の相当部分を防災公園として整備するもの
  2. 公園の整備と併せて行われるべき市街地の整備改善を図るための事業

市街地整備と防災公園整備を一体的に推進します

  • 整備計画の立案
  • 事業用地の先行取得
  • 防災公園の整備(UR直接施行)
  • 市街地の整備

地方公共団体の資金計画等において優位性があります

  • 国庫補助金申請・受入
  • 地方公共団体負担の平準化
  • 公園整備費の立替
  • 立替費用の長期割賦

防災公園街区整備事業 実施の流れ

防災公園街区整備事業は、地方公共団体が国及びUR都市機構に事業化の要望を行い、UR都市機構はこれを受けて地区の決定を行い、防災公園街区整備事業として用地を取得し、整備後、引渡しを行います。

防災公園街区整備事業 実施の流れ※用地費の場合 …… 償還期間20年(5年据置)、無利子
 施設費の場合 …… 償還期間15年(2年据置)、国土交通大臣が定める年率

防災公園街区整備事業の事例紹介

大洲一丁目地区(大洲防災公園)プロジェクト

子どもたちの遊ぶ広場が災害時にはさまざまな機能を発揮します

大洲一丁目地区(大洲防災公園)プロジェクト

三鷹市民センター周辺地区(三鷹中央防災公園)プロジェクト

防災公園街区整備事業を活用して防災公園の整備と公共公益施設の機能更新・再編を一体的に実現

三鷹市民センター周辺地区(三鷹中央防災公園)プロジェクト

西ヶ原四丁目地区(西ヶ原みんなの公園)プロジェクト

大学跡地を活用して安全で災害に強いまちづくりを推進

西ヶ原四丁目地区(西ヶ原みんなの公園)プロジェクト

桃井三丁目地区(桃井原っぱ公園)プロジェクト

防災公園と良好な住宅市街地の一体的整備

桃井三丁目地区(桃井原っぱ公園)プロジェクト

プロジェクトインタビュー

UR都市機構は地方公共団体や民間事業者と協力してまちづくりを進めています。事業に携わっている皆さんにお話を伺いました。

地方公共団体の皆様へ

UR都市機構は地方公共団体のまちづくりを支援しております。

民間事業者の皆様へ

UR都市機構は民間事業者の都市再生事業を支援しております。

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ