街に、ルネッサンス UR都市機構

URまちづくり支援専門家制度

まちづくりをサポートします。

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、地方都市等におけるまちづくり支援を積極的に進めています。都市や地域の活性化に関わるニーズは多様化する傾向にあり、特に地域の資源を最大限活用した地域力の向上が求められているところです。
このため、まちづくりに関連する幅広い分野の専門家からの助言や指導を受けることができる体制を整えることにより、UR都市機構が地方公共団体や地域のまちづくり関係者に対して行う支援(コーディネート)の質の向上と高度化を図り、地域の個性を活かしたまちづくりを促進しようとするものです。

概要

  1. UR都市機構が、「観光まちづくり」、「歴史・文化まちづくり」、「都市デザイン・景観形成」、「環境まちづくり」、「商業活性化」、など様々な専門分野に関して高度なノウハウ・経験を有する学識経験者、地域活動のリーダー等を、「URまちづくり支援専門家」に委嘱しています。
  2. 「URまちづくり支援専門家」は、UR都市機構と一体となって活動し、地域におけるまちづくりの関係者や地権者団体等に対する講演会や意見交換会に参加したり、地方公共団体に対するアドバイスを行ったりします。
  3. 「URまちづくり支援専門家」によるまちづくりに関連した講演やアドバイス実施のご希望などがある場合には、UR都市機構までご相談ください。
URまちづくり支援専門家イメージ図
拡大

URまちづくり支援専門家制度 アドバイス実施例 

行政職員向け講演会

新たな街路事業、区画整理事業の手法を活かした「沿道のまちづくり、街区のまちづくり」をテーマに、県下の行政担当者を対象とした講演会で講演してもらえる専門家を紹介して欲しい!

地域の関係者向け勉強会

景観計画の策定に向けて、地域の関係者と観光・商業活性化などのまちづくり戦略を含めた将来ビジョンの共有をすすめるため、地域対象の勉強会で講演をして欲しい!

計画策定支援

中心市街地活性化基本計画のコア事業である、駅周辺整備及び交流人口拡大とまちなか居住の推進に向け、中心市街地活性化に係る各地の取組で経験豊富な専門家によるアドバイスが欲しい!

事例その1矢印
事例その2矢印
事例その3矢印

講演会を通して

身近なまちづくりの視点で事業を進めていくことが重要であるという理解を深めるため、まちなか再生において幅広い事例を有する専門家を選定。
参加した行政職員の身近なまちづりへの取組機運の醸成に向けた講演会の実施に寄与。

勉強会を通して

景観計画の策定準備段階において、魅力あるまちにおける景観の重要性の理解を深めるため、様々なテーマを設定した勉強会で講演を実施。
地域の関係者間で将来ビジョンの理解や共有化が促進。
さらに、翌年には住民合意形成を経て景観計画が策定され、地域特性に応じた良好な環境の形成が推進。

専門家のアドバイスを通して

駅前の立地特性を活かし、商業及びまちなか居住を拡充することが必要であるといった専門家のアドバイス等によって、まちなか居住における商業の再生の意義が再認識され、地域関係者の理解・共有化が促進。
さらに、翌年都市計画決定された地区計画において、同様の目標が掲げられ、具体的な整備が推進。

URまちづくり支援専門家制度のご案内

URまちづくり支援専門家名簿(2020年6月1日現在 40名)

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ