街に、ルネッサンス UR都市機構

URのコーディネートについて

構想から事業実施までを円滑に

多岐にわたる事業手法を活用し、都市再生をプロデュース

地方公共団体がまちづくり上の課題を抱えている場合や、民間事業者が一定の区域において開発を進めたいと考える場合でも、多数の関係者の意見調整や利害調整が必要となるケースや事業化にいたるまでの懐妊期間が長いケース等においては、それらが隘路となって都市再生が進まないことがあります。
このような場合には、UR都市機構によるコーディネートを通じて、都市再生事業の実現に至るまでのリスクを低減し、民間事業者が参画しやすい条件整備を行うとともに、必要に応じて都市再生事業に参画してまいります。

まちづくりを進めていく中でのさまざまな課題例

UR都市機構によるコーディネートで次のような課題を解決し、実現に至るまでのリスクを低減します。

  • 関係者の合意形成の進め方が分からない
  • 公有地の活用を図りたい
  • 遊休地の有効活用を図りたい
  • 民間事業者の誘導の仕方が分からない
  • 事業の施行経験がなく、進め方が分からない
  • 事業を進めるマンパワーが不足している
まちづくりを進めていく中でのさまざまな課題例
拡大レンズ

まちづくりの進め方とUR都市機構のコーディネート

Coordinate 01 構想段階

まちづくりを進めるために必要なこと(例)

・上位計画、権利関係等の地区の現状把握
・まちづくり上の課題の把握
・開発コンセプトの策定
・検討体制の構築
・需要把握等

URのコーディネートで可能な支援

・公共施設整備等の課題抽出
・地権者等関係者の意向把握
・検討体制の提案、まちづくり勉強会の開催
・コンセプトワーク
・民間事業者へのヒアリングによる需要把握

Coordinate 02 計画段階

まちづくりを進めるために必要なこと(例)

・土地利用計画の策定
・必要な都市計画手続きに係る検討、事業手法、事業計画、事業主体、
スケジュール等の概略検討
・検討体制のランクアップ
・事業の実現性の検証

URのコーディネートで可能な支援

・土地利用計画の提案
・都市計画等、事業手法・スケジュール等に係る関係者間の合意形成
・まちづくり協議会の設立、運営
・民間事業者へのヒアリング等による参画意向把握と想定価格確認

Coordinate 03 事業化段階

まちづくりを進めるために必要なこと(例)

・都市計画素案の策定
・事業手法・事業計画の詳細検討
・事業化に向けた地権者等の合意形成
・民間事業者の誘導

URのコーディネートで可能な支援

・都市計画手続き等に係る行政との事前協議
・まちづくり協議会における事業手法、スケジュール等に係る詳細協議、合意形成
・民間事業者の参画スキームの確立
・民間事業者への事業内容・参画スキームの周知、参画意向の最終確認等

Coordinate 04 事業段階

まちづくりを進めるために必要なこと(例)

・都市計画等の法手続き
・行政、公共施設管理者等との協議
・地権者等の権利調整
・民間事業者との協議

URのコーディネートで可能な支援

・都市計画手続き等に係る行政との本協議
・事業計画に係る公共施設管理者等との協議
・事業手続きに係る地権者等の合意形成と権利の変動に係る調整
・民間事業者の公募手続き・選定・計画条件調整

地方公共団体の皆様へ

URは、初期のまちづくりのお悩み相談へのアドバイスから処方箋の共同検討・まちづくり構想(ビジョン)策定など施策実現に向けてサポートします。

フェーズ1 初期相談から施策立案サポート段階(まちづくり構想策定)

初期のまちづくりのお悩み相談へのアドバイスから処方箋の共同検討・まちづくり構想(ビジョン)策定など施策実現に向けてサポートします。

まちづくりの構想(ビジョン)を共に検討します
拡大レンズ

フェーズ2 施策の具体化サポート段階(事業化検討)

まちづくり施策の具体化に向けて事業展開や事業戦略等の提案を行ったり、必要に応じてまちづくりに関わる各主体の橋渡しを行います。

事業化に向けて共に検討します
拡大レンズ

フェーズ3 施策実施段階

UR都市機構が要請に基づき、公共団体のまちづくり施策実施に伴う公共団体や民間の事業施行支援、または自ら事業を実施します。

施策実現に向けたさまざまなサポート
拡大レンズ

フェーズ4 継続的なまちづくり段階

エリアマネジメント活動等の支援や、地元勉強会の支援を行います。

継続的なまちづくり段階イメージ
拡大レンズ

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ