UR都市機構

民間事業者の皆様へ

UR都市機構は、民間事業者と協力して、まちづくりを進めています。

メリット01 都市再生事業の経験とノウハウを提供

UR都市機構のこれまでの豊富な経験・事業実績を活かし、民間事業者の皆様が進出しやすい条件整備を実施します。

メリット02 美しく安全で快適なまちづくりの推進

地方公共団体の意向を踏まえた実現可能なまちづくりの計画を策定し、計画に沿った美しく安全で快適なまちを創出します。

メリット03 中立・公平な立場で円滑な調整を実施

公共機関としての信頼性・安心感を活かし、公平中立の立場で民間事業者の皆様と地方公共団体・地権者等多くの関係者の方々との意見調整を円滑に実施します。

代表的な事例の紹介

大手町地区プロジェクト

連鎖型都市再生プロジェクトによる国際ビジネス拠点の再構築

押上・業平橋駅周辺地区プロジェクト

東京スカイツリー®のまちづくり

曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)プロジェクト

地域の防災性の向上と拠点形成のリーディングプロジェクト

UR都市機構のコーディネート

 民間事業者の皆様が一定の区域において開発を進めたいと考えられる場合、多数の関係者の意見調整や利害調整が必要となるケースや、事業化に至るまでの懐妊期間が長いケース等においては、それが隘路となって都市再生が進まないことがあります。
 このような場合には、UR都市機構によるコーディネートを通じて、都市再生事業の実現に至るまでの間のリスクを低減し、皆様が参画しやすい条件整備を行うとともに、必要に応じて都市再生事業に参画してまいります。

UR都市機構の都市再生事業実施基準の概要

民間都市再生事業の支援の検証

1 政策的意義

政策的意義

国の関与する計画への位置づけ、計画内容を確認

2 政策実現効果の目標

政策実現効果の目標

エリア特性をふまえ、政策目的に応じた政策実現効果の目標を設定

3 地方公共団体や地権者等の意向の確認

地方公共団体や地権者等の意向の確認

地方公共団体及び地権者等の要請を確認

4 民間困難性と民間支援の確認

民間困難性と民間支援の確認

民間事業者の事業実施意向の確認及び民間支援内容の確認

5 事業採算性の確認

事業採算性の確認

事業実施に伴う想定キャッシュフローの正味現在価値や事業収支を確認

第三者委員会における適合検証結果の評価

事業着手前に、基準への適合検証結果について第三者委員会の審議・評価を受ける

評価結果の事業への反映、見直し

UR都市機構による都市再生事業の実施、評価結果の公表

メニューを閉じる

ページの先頭へ