UR都市機構

桃井三丁目地区(桃井原っぱ公園)

桃井三丁目地区(桃井原っぱ公園)

防災公園と良好な住宅市街地の一体的整備

Project Data

  • 所在地 東京都杉並区
  • 区域面積 約9.1ha
    (うち防災公園4.0ha)
  • 事業手法 防災公園街区整備事業
    土地有効利用事業
    居住環境整備事業

プロジェクト概要

河川敷や民間グラウンドなどに依存していた避難場所を、日常生活圏に近い市街地中心部に確保し、防災機能を充実させることが重要視されるようになりました。
UR都市機構は、大規模工場跡地に区・民間事業者と連携して防災公園と市街地を一体的に整備し、地域の防災機能を強化。
樹木の保存や公園・プロムナードの整備による、周辺環境と調和・共生したまちづくりを行いました。

UR都市機構の役割

地方公共団体と連携したコーディネート
  • 周辺市街地の防災性の向上に資する基本計画づくりを区と連携して実施
  • マスタープランの作成による一体的かつ多様な都市機能の誘導
大規模土地利用転換による防災公園と市街地の一体的整備
  • 避難広場、ヘリコプター発着所、非常用便所、備蓄倉庫、防火水槽等を備えた防災公園を整備
  • 防災性の向上に資する基盤整備の実施
  • 民間事業者等による住宅、商業、生活支援施設、高齢者支援施設の誘導

防災公園と市街地

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成10年(1998年)
    • 5月 工場の移転
  • 平成12年(2000年)
    • 4月 区からの防災公園街区整備事業の検討要請
      12月 区からの事業実施要請
  • 平成13年(2001年)
    • 3月 都市計画決定(都市公園)
         都市公団(現:UR都市機構)による防災公園整備の直接施行の議会同意
         工場跡地の取得
  • 平成15年(2003年)
    • 1月 民間事業者決定
  • 平成17年(2005年)
    • 3月 入居開始(民間分譲・賃貸、UR賃貸)
  • 平成18年(2006年)
    • 8月 防災公園の都市計画事業承認
  • 平成23年(2011年)
    • 3月 防災公園の事業完了
      4月 防災公園の開園

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ