街に、ルネッサンス UR都市機構

栗原心平のオトコめし(10)

URPRESS 2022 vol.69 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


休日、頑張って家族のために料理する!
そんなパパへの応援レシピ

豚のしょうが焼き

老若男女を問わず人気のテッパンメニューをやわらかくジューシーに仕上げるコツをご紹介します。
豚肉に片栗粉をまぶして火を通してからたれを加えることで、ぷりっとした食感が楽しめます。
ごはんが進むこと間違いなしのおかずです。

材料(2人分)

豚肩ロース肉
(しょうが焼き用)  250g
塩  小さじ1/2
黒こしょう  適量
片栗粉  大さじ2
サラダ油  大さじ1
せん切りキャベツ  たっぷり

【A】
しょうゆ  大さじ1と1/2
酒  大さじ1/2
みりん  大さじ1/2
砂糖  小さじ1
ごま油  小さじ1
しょうが(すりおろし)  1片分

豚のしょうが焼きの写真

作り方

1. 豚肩ロース肉は筋切りをして、塩、黒こしょうで下味を付け、片栗粉をまぶす。

★加熱したときに肉が反るのを防ぐため、赤身と脂の境にある筋(繊維)に包丁で切れ目を入れておく。この筋切りをすると、肉が反り返らず、熱が均一に入る。
★片栗粉をまぶすことで豚肉の水分が保たれるとともに、たれが絡みやすくなる。

2. Aを混ぜ合わせておく。

3. フライパンにサラダ油を熱し、油が温まったら豚肉を並べ入れる。豚肉の色が変わったら返して、両面を焼く。

フライパンで豚肉を焼く様子の写真

4. 豚肉の両面の色が変わったくらいで(完全に火が入っていない状態)、2. を回し入れ、手早く豚肉に絡める。

調味料を絡める様子の写真

5. 調味料が絡んだら器に盛り、せん切りにしたキャベツを添える。

パパのごほうび乾杯

ビールの写真

豚のしょうが焼きには、ビールでしょう。こってりとした豚肉に、ビールの苦みとシュワシュワがよく合います。

プロフィール

くりはらしんぺい

1978年生まれ。料理家、「ゆとりの空間」代表取締役社長。料理番組『男子ごはん』(テレビ東京系列)に出演中。『栗原家のごはん』(大和書房)ほか著書多数。YouTubeチャンネル「栗原心平ごちそうさまチャンネル」、小中学生向けオンライン料理教室「ごちそうさまクッキングスクール」も人気。

栗原 心平の写真

【青木 登=撮影】

  • ツイート(別ウィンドウで開きます)
  • LINEで送る(別ウィンドウで開きます)

オトコめし バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

CONTENTS

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ