街に、ルネッサンス UR都市機構

宮城震災復興支援本部から(2020年1月)

東日本大震災の復興支援について現地の姿をお伝えします。

2020/1/25

土木学会デザイン賞2019「最優秀賞」に女川駅シンボル空間/女川町震災復興支援事業が選ばれました

公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会が主催する土木学会デザイン賞において、2019年度「最優秀賞」に「女川駅前シンボル空間/女川町震災復興事業」(宮城県/女川町)が授賞いたしました。
UR都市機構宮城震災復興支援本部は、女川町から委託を受け土地区画整理事業をはじめ基盤整備などの震災復興支援事業を行ってまいりました。

<海へのプロムナード「レンガみち」を主軸に手前両側がテナント型商店「シーパルピア女川」、まちかど広場の左奥が観光物産施設「地元市場ハマテラス」、右が「女川町まちなか交流館」で、背後に自立再建店舗が展開>
<手前が駅前広間であり、レンガみちが海へと延伸し、シンボル空間の主軸となっている>
<レンガ道を女川駅方面に見る>
<駅前広場の賑わい(イベント開催時)>
<地元市場ハマテラス>
<レンガみちの線形は、元旦の日の出の方向に真っすぐに向いている>

1月25日(土)に東京・四谷の土木学会講堂で行わた授賞式には、URは受賞者の一員として出席いたしました。

<表彰状授与式 須田善明女川町長(中央)と受賞関係者(左側)>
<受賞された方々>

URは引き続き、女川町の一日も早い復興に全力で取り組んでまいります。

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ