UR都市機構

【特集】URが進める地方都市での取り組み

URPRESS 2019 vol.56 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


上空から眺める新潟県長岡市。中心市街地のにぎわいを取り戻す取り組みを、次のページで紹介しています。写真提供/長岡市

人口が減り、少子高齢化が進む日本。
一つひとつの「まち」が抱える悩みや課題は、じつに多岐にわたります。半世紀以上にわたるまちづくりの実績とノウハウを持つURでは、まちづくりの構想から施策の実施まで、「まちづくりのパートナー」として地方都市再生に取り組んでいます。
歴史・文化・産業などの地域資源や、交通の要衝のような地域特性を活かした取り組みは、まさにオーダーメイド。
地方創生・地方再生が日本全体の大きなテーマとなった今、URは培ってきた広い視野と、公共性・中立性を活かし、地域の課題に真摯に向き合いながら、柔軟な発想で全体像を見据えたまちづくりを共に考えていきます。
さっそくその現場をご紹介しましょう。

特集バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。
お近くのエイブル各店舗でも配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ