UR都市機構

男子弁当のススメ!(11)

URPRESS 2019 vol.56 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


鶏から揚げ ネギ塩ソース弁当

私は大の“鶏から”好き。特に鶏肉に下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げる竜田揚げが大好きです。ただし、鶏肉をしょうゆに漬け込まないのが私の鉄則。酒とおろししょうがに鶏肉を
30分ほど漬けた後に、しょうゆを混ぜます。余分な水分を切り、揚げる直前に塩を少しふってから片栗粉をまぶします。肉に早めに塩分を加えると、浸透圧で肉汁となる水分が抜けてか
たくなってしまうので。
揚げた後の油切りには、魚焼きグリルの網が活躍。キッチンペーパーを敷いておけば使用後に網をサッとふき取ればよく、位置的にも便利です。
冷めてもおいしく食べられるように、ネギ塩ソースをかけてパンチを効かせました。

  1. ロマネスコのだし浸し
  2. キャベツの千切りときゅうり
  3. パプリカの素揚げ
    (塩をふって)
  4. 鶏から揚げ(竜田揚げ)
  5. たまごサラダ
鶏から揚げ ネギ塩ソース弁当
4.鶏から揚げ(竜田揚げ)
油から上げるタイミングの見極めは、箸で持ち上げたときに鶏肉の微振動を箸に感じたら。そこで油を切って3分ほど寝かせると、余熱でちょうどよく火が入る。
万能なネギ塩ソース長ネギ…1/2本(粗みじん切り)にんにく・しょうが…各1片(みじん切り)鷹の爪…1/2本(輪切り)粉末鶏ガラスープの素…大さじ1炒りゴマ…小さじ2塩…小さじ1/2 サラダ油…1/2カップ材料をすべて合わせるだけ。豆腐にのせたり、キャベツに混ぜたり、鰹の刺身とあえたり、チャーハンを味付けたり……と大活躍。冷蔵庫で5日ほど保存可能です。

プロフィール

相田幸二

1975年、山形県米沢市生まれ。現在は宮城県在住。「幸せ料理研究家」としてテレビや雑誌で活躍。『こうちゃんの簡単料理レシピ』(宝島社)シリーズは230万部を超えるダブルミリオンセラーに。

男子弁当のススメ! バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。
お近くのエイブル各店舗でも配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ