街に、ルネッサンス UR都市機構

男子弁当のススメ!(8)

URPRESS 2018 vol.54 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

ガパオライス弁当

今回はバジルを使って肉や魚を炒めるタイ料理「ガパオ」をベースにした「のっけ飯」弁当です。
日本語にすると「バジルごはん」でしょうか。タイではホーリーバジルを使いますが、日本では手に入りにくいので、スイートバジルで代用しました。あっさりして癖のないホーリーバジルとは違う風味に仕上がりますが、これはこれで魅力的です。
フレッシュバジルは時間が経つと色が悪くなり、香りも強いため、仕上げに乾燥バジルをふりました。フライドエッグはゆで卵に替えて、お弁当仕様に。いつか本場でガパオを食べてみたいです。

  1. ゆでたブロッコリー。
  2. きゅうりとクリームチーズの生ハム巻き。
  3. しいたけとナスを、バターとハーブソルトで
    ソテーしたもの。
  4. ガパオライス ナンプラーがポイント!
    (1)フライパンに油をひいて、にんにくと輪切りにした鷹の爪を炒める。
    香りが立ったら、粗みじんに切ったたまねぎと鶏もも肉を加え、軽く塩・こしょうして炒める。
    (2)具材に火が通ったらナンプラー、オイスターソース、砂糖を加えてさらに炒め、味をととのえる。
    (3)仕上げにバジルを加えてサッと混ぜたら火を止め、細かく切ったトマトとピーマン、パプリカを加えて余熱で火を通す。
  5. ゆで卵をアクセントに!
    具材をごはんにのせて、ゆで卵をトッピング。
ガパオライス弁当

プロフィール

相田幸二

1975年、山形県米沢市生まれ。現在は宮城県在住。「幸せ料理研究家」としてテレビや雑誌で活躍。『こうちゃんの簡単料理レシピ』(宝島社)シリーズは230万部を超えるダブルミリオンセラーに。

【相田幸二 = 文・写真】

男子弁当のススメ! バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ