街に、ルネッサンス UR都市機構

男子弁当のススメ!(2)

URPRESS 2017 vol.47 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

サンマの蒲焼き弁当

秋に出回るサンマは塩焼きが定番ですが、刺身も格別! おろすのにほどよい大きさなので、ぜひ練習してお刺身にしてみてください。大変な方は、スーパーのお魚コーナーで開きにしてもらってくださいね。

今回はおろすのと同じ工程で開いて、蒲焼きにしたサンマのお弁当。味付けは簡単で間違いない、ウナギの蒲焼きのタレで。このタレは万能調味料で、肉や魚を照り焼きにするのはお手のもの。ごはんとの相性もぴったりなので、他のおかずは少なくても大丈夫。今回の付け合わせは卵焼きとかぼちゃ、そして三種のナムルです。

  1. 1.油で揚げ焼きにして骨までカリカリに!
    サンマの蒲焼き
    サンマの背から包丁を入れ、中骨に沿って刃を進める。決してギコギコしない。慣れればできるようになります。開いたサンマの表面に片栗粉をまぶし、油でカラッと揚げ焼きにすれば小骨もカリカリに。タレと白ゴマをかけて完成。
  2. すき間に、味噌漬けをトッピング
  3. 厚焼き風にしっかりと!
    ほんのり甘い卵焼き
    卵は1個でも巻けるけど、せっかくなので2個使い、白だしと砂糖を加えて焼きました。お弁当なので、だし巻きではなく、しっかりした卵焼きに。余った分は、つまみや夕食のおかずに。うちでは、よーく油をなじませて使い込んだ鉄製の焼き器を使っています。
  4. レンジで加熱したかぼちゃに塩をふれば、簡単!
  5. 野菜を炒めて塩こしょうとゴマで味付けした三種のナムル
男子弁当のススメ!2 サンマの蒲焼き弁当
サンマの蒲焼き
ウナギが高くて買えなくても、タレなら買えます。

プロフィール

相田幸二

1975年、山形県米沢市生まれ。現在は宮城県在住。「幸せ料理研究家」としてテレビや雑誌で活躍。『こうちゃんの簡単料理レシピ』(宝島社)シリーズは230万部を超えるダブルミリオンセラーに。

【田中 淳=撮影】

男子弁当のススメ! バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ