街に、ルネッサンス UR都市機構

シンプルライフのススメ(2)

URPRESS 2016 vol.47 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


少ないもので快適に暮らす“ミニマリスト”。
中道ミニマリストを自称する人気ブロガー“やまさん”ことやまぐちせいこさんが、モノを減らすコツや楽しさ、そのメリットをお伝えします。

収納を美しく整えるための基本ルール

(1)高さを揃える
(2)色味は3種類まで
(3)余白を4割残す(4割空けるというハードルが高いようであれば、空のケースを1つ持つ)。
色味を整えやすい洗面所の小さな収納から始めてみるのもおススメです。

Minimalist
やまぐちせいこ

押し入れを美しく整えるとモノが増える抑止力になる!

シンプルライフのススメ押し入れの使い方の工夫
押し入れの襖を外してインテリアの一部にすると、隅々まで使えます。今、我が家は中学生の息子の教科書・漫画・本を置き、図書スペースとして使っています。

雑然とした押し入れを「いつも見たくなる収納」へ変えることで、「このキレイな状態を保ちたい!」と意識が変わります。見てワクワクする収納。服を買うときにトータルコーディネートを考えますが、「この洋服はあの収納に入れたとき美しいか?」まで考えます。モノを買うとき、収納のトータルコーディネートを頭に置くと、無駄遣いが劇的に減ります。

洋服も白以外、3色に抑え、余裕をもって収納。
ケースをひとつ空の状態にし、収納場所に迷うものをとりあえず収納。

やまぐちせいこ

  • ツイート(別ウィンドウで開きます)

シンプルライフのススメ バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ