UR都市機構

おいしい団地(2)

URPRESS 2019 vol.56 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


隠れた名店見つけた!おいしい団地 2

団地の外からもお客さんがやってくる人気を誇る名店がある。そんなお店を訪ねて、団地に足を運んでみませんか?

cafe de STELLA

地域の交流の場焼きたてパンのおいしいカフェ

千葉県 金杉台団地
おかずパンから菓子パンまで種類豊富な焼きたてパン。手ごろな値段がうれしい。おかずパンから菓子パンまで種類豊富な焼きたてパン。手ごろな値段がうれしい。

JR船橋駅からバスで20分ほど、金杉台団地の商店街にあるベーカリーカフェ「cafe de STELLA」は開店して2年目。毎朝9時のオープンと同時にお客さまがやってくる。焼きたてパンの香り漂う店内では、サンドイッチやハンバーガー、パスタなどの軽食やスイーツも楽しめる。焼きたてパンは100~150円ほどで、種類もたくさんあって選ぶのに迷ってしまう。

「高齢の方でも毎日、気軽に通いたくなるような場所をつくりたいと思いました。団地に住んでいる方や地域の方々の交流の場になればうれしいです」と話してくれたのは、このカフェの経営母体で、近隣でグループホームなどの介護福祉サービスを展開する「コンフォートケア」代表の形山昌樹さん。「このカフェにはもう一つ役割があります。それは高齢者や認知症の方々の働く場にもしていくことです」と形山さん。認知症のグループホームを利用する78歳のおばあちゃまが、今日も朝から元気に出勤。地域の交流の輪が広がっている。

デニッシュパンにアイスクリームをトッピングした人気のデザート、クロッシュ(410円)。メープル、チョコ、黒蜜きな粉味がある。デニッシュパンにアイスクリームをトッピングした人気のデザート、クロッシュ(410円)。メープル、チョコ、黒蜜きな粉味がある。
元気いっぱいのスタッフの皆さん。「働くことがとても楽しい!」と78歳の小山たつ子さん(左)。元気いっぱいのスタッフの皆さん。「働くことがとても楽しい!」と78歳の小山たつ子さん(左)。
コンフォートケアの代表・形山昌樹さん(右)と近隣のグループホーム・みかんの樹を担当している今泉尚也さん。コンフォートケアの代表・形山昌樹さん(右)と近隣のグループホーム・みかんの樹を担当している今泉尚也さん。
ソファーが置かれ、ゆったりとしたカフェスペース。ソファーが置かれ、ゆったりとしたカフェスペース。

住所 : 千葉県船橋市金杉台1-1-5
TEL : 047-404-9852
営業時間 :9時~18時
休日 : 土・日曜

純喫茶ヤング

近隣で働く人たちや団地の人々が集う喫茶店

東京都 大島四丁目団地

都営新宿線・西大島駅近く、大島四丁目団地の1階にある「純喫茶ヤング」は、昭和を思い起こさせる喫茶店だ。大島四丁目団地が完成した昭和44年にオープンして以来、団地と共に半世紀、このまちの皆さんに愛され続けている。

「オープン当時、この辺は工場が多くてね。モーニングの提供からはじまって、コーヒーやパフェ、軽食を食べに、夜遅くまでたくさんの人たちで賑わっていました」となつかしそうに語るオーナーの若井新司郎さん。時代の変化とともに、店のスタイルを少しずつ変えてきたという。いまはランチメニューを充実させ、ピラフやカレー、パスタ以外に、しょうが焼きやチキンカツ、おろしハンバーグなどの定食と、冬には温かいうどんも提供する。

なかでも人気なのは、オープン当時から変わらないナポリタン。「シンプルですが、手を抜かずに作ることがおいしさの秘密」だと若井さん。なつかしくておいしい喫茶店を楽しみたい。

ボリューム満点なナポリタン、ピザトーストやフレンチトースト、パンケーキなども人気だ。
オープン当時と変わらない店内。ゲーム台のテーブルは、なつかしい昭和の時代を感じさせる。オープン当時と変わらない店内。ゲーム台のテーブルは、なつかしい昭和の時代を感じさせる。
近隣の団地に住むオーナーの若井新司郎さん。店名の「ヤング」は、ずばり名字から。近隣の団地に住むオーナーの若井新司郎さん。店名の「ヤング」は、ずばり名字から。

住所 : 東京都江東区大島4-1-7-113
TEL : 03-3637-7972
営業時間 : 9時~18時ぐらい
休日 : 不定

BAR MAGIC SMOKE

おいしいお酒と燻製料理が自慢のショットバー

埼玉県 所沢パークタウン駅前通り
燻製の盛り合わせの内容は季節によって変わる。ほかにも自家製ソーセージや、チキンとマカロニのグラタンなどオーブン料理を提供している。 燻製の盛り合わせの内容は季節によって変わる。ほかにも自家製ソーセージや、チキンとマカロニのグラタンなどオーブン料理を提供している。

昨年11月、西武新宿線・航空公園駅から徒歩3分、所沢パークタウン商店街にオープンした「BAR MAGICSMOKE」。「お酒も料理も大好き!」というオーナーでバーテンダーの住田宏行さんが、夢だったショットバーを開いた。所沢市内で物件を探していたところ、条件にぴったりだったのがこの場所。重厚感のある大きな扉を開けると、シックなインテリアで落ち着いた大人の雰囲気のバーカウンター9席と、4人掛けテーブルがひとつ。

「ここは日常から離れた空間。カクテルやウイスキー、焼酎など、いろんなお酒を気軽に楽しんでほしいです」

オープンして間もないが、団地の人々や仕事帰りの人たちがふらりと訪れる。お酒のお供にぴったりなこだわりの逸品は、チーズやベーコン、うずらの卵、魚介類などの自家製の燻製。旨い酒とおいしい料理をいただきながら、会話も弾む。ついつい長居したくなってしまう店だ。

「夢をかなえることができて、毎日とても楽しいです。気軽に立ち寄ってください」と住田宏行さん。「夢をかなえることができて、毎日とても楽しいです。気軽に立ち寄ってください」と住田宏行さん。
小さな看板しか出ていない ので、大きなグレーの扉を 目印に。小さな看板しか出ていないので、大きなグレーの扉を目印に。

住所 : 埼玉県所沢市並木3-1 4-111 所沢パークタウン商店街
TEL : 04-2968-7774
営業時間 :17時~深夜2時
休日 : 日曜

石井克美=文、菅野健児=撮影

おいしい団地 バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。
お近くのエイブル各店舗でも配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ