街に、ルネッサンス UR都市機構

東京大変貌

URPRESS 2018 vol.51 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

特集 Megacity TOKYO 東京大変貌 新しい交通結節点とにぎわいのまちをつくる青木 登=撮影
常に進化しているメガシティ東京。今も各所で大規模な再開発が進行中だ。品川、渋谷、虎ノ門、そして羽田。いずれも国際競争力強化を目指した国家的プロジェクトだ。交通の利便性向上、そして新たなにぎわいを生むまちをつくる、その現場にURがいる。
品川 新たな国際交流拠点の礎を築く大プロジェクト

品川
新たな国際交流拠点の礎を築く大プロジェクト

都心南の玄関口、品川駅の北側に大規模な国際交流拠点をつくるプロジェクトが始まった。URは新しく生まれるこのまちの、基盤づくりを担っている。

渋谷 世紀の大規模再開発を縁の下から支える

渋谷
世紀の大規模再開発を縁の下から支える

駅舎や百貨店が解体され、新しいビルの骨組みが建ち上がってきた。広場の地下では川が移設され、雨水の貯留槽が着々と整備されている。今、渋谷で進行している大規模な再開発。注目を集めるその現場に、UR職員の姿があった。

虎ノ門 にぎわいを生むまちに新しい駅をつくる

虎ノ門
にぎわいを生むまちに新しい駅をつくる

いま、虎ノ門が大きく変わろうとしている。地下鉄新駅の整備を含む都市基盤の強化・拡充が進んでいるのだ。URは国際的なビジネス拠点を創造するこの事業に、さまざまなかたちで参画している。

羽田 空の玄関口に誕生する新しいまちの土台をつくる

羽田
空の玄関口に誕生する新しいまちの土台をつくる

世界5位の利用者数を誇る羽田空港(東京国際空港)。その広大な敷地の一角が跡地化され、官民一体となって新たなまちづくりの計画が進められている。URは土地区画整理事業を担当、まちの土台づくりに汗を流している。

特集バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ