UR都市機構

「希望」が見えてきたまちへ(届け!笑顔 第7回)

URPRESS 2018 vol.49 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

届け!笑顔 第7回 AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援 - 大船度市・越喜来小学校 おおふなと夢商店街(岩手県)
  • 参加メンバー
    小嶋菜月 福岡聖菜 佐々木優佳里 江籠裕奈 高橋朱里 山本彩 岩立沙穂 矢倉楓子 大島涼花 矢吹奈子 篠崎彩奈
    荻野由佳 茂木忍 菅原茉椰 小嶋真子 松岡はな

宮城県 山元町 町立山下第二小学校

笑顔のお返しに地元の子どもたちから贈呈された花束

震災から6年を迎え、3月4日の訪問で実に63回目となったAKB48「誰かのために」プロジェクト東北復興支援。今回は岩手県、宮城県、福島県の被災地を、3つのグループに分かれて訪問した。各会場で行われるイベントの前に、メンバーは犠牲者への献花と1分間の黙とうを行った。

イベント会場を訪れた人たちは、大きな声援を送り、メンバーたちは精一杯の笑顔で歌と踊りを披露した。宮城県山元町を訪れた“さやねえ”こと山本彩が言う。

「まちが新しくなっていると感じました。家が建ったり、公園ができたり。復興支援を通じて、あらためてまちづくりをしている人たちの存在のありがたさを実感しながら、自分たちにできること、目には見えないことですが、元気とか笑顔を生み出せる活動を続けられればいいと思いました」

まちは生まれ変わり始めた。AKB48の笑顔の積み重ねも、ひとつの力になっているに違いない。


岩手県 岩泉町 町立小本小学校・町立小本中学校

精一杯の元気と笑顔で熱く交流!

  • 参加メンバー
    大家志津香 岩花詩乃 北原里英 田島芽瑠 阿部マリア 川本紗矢 村山彩希 後藤萌咲 込山榛香 須藤凛々花 佐藤七海
    惣田紗莉渚 北川綾巴 久保怜音 山本彩加

福島県 広野町 広野町中央体育館

献花と黙とうの後はAKB48ならではの歌とハイタッチ!

  • 参加メンバー
    柏木由紀 宮崎美穂 大場美奈 大森美優 武藤十夢 岡田彩花 岡田奈々 谷口めぐ 舞木香純 後藤楽々 吉田朱里 太田夢莉
    朝長美桜 田中美久 村雲颯香 田北香世子

【竹居鉄也=文、竹居鉄也、©AKS=撮影】

宮城県 石巻市

宮城県 石巻市

石巻市の南側に広がる新門脇地区では、復興公営住宅がすべて完成し、宅地と道路もほぼ完成を迎えた3月、新たなまちのお披露目が行われた。

宮城県 塩竈(しおがま)市

宮城県 塩竈(しおがま)市

「災害公営住宅の整備に係る基本協定」に加え、「コミュニティー形成と地域の支え合い活動の推進に関する協力協定」も結び、安心して暮らせる環境づくりを共に進めてきたUR都市機構と塩竈市。担当する最後の災害公営住宅が完成し、節目となる日がやってきた。

宮城県 南三陸町

宮城県 南三陸町

高台の住宅地の完成、そしてさんさん商店街の移転オープン。この春、南三陸町の復興まちづくりは、新たな幕を開けた。

岩手県 陸前高田市

2月、俳優・村上弘明さんが、テレビ番組の収録で、震災から6年たった故郷・陸前高田を訪れた。地震と津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田。そこで進む復興まちづくりを支える人々に、笑顔があった。

復興インタビュー

復興インタビュー

震災直後から故郷・陸前高田をはじめ東北地方を訪れ、被災した人々に寄り添った活動を続けている村上弘明さん。6年間、復興を見つめてきたから、見えてきた希望があると語ります。

福島県 いわき市

福島県 いわき市

この春、いわき市は明るいニュースに包まれた。まっさらな造成地を彩る復興祈願のツツジが鎌倉から届いたのだ。

Before&After 2011→2017

Before&After 2011→2017

大震災から6年。復興の槌音は、確実な響きとなって被災地にこだましています。新たなまちづくりが進む東北3県のなかで、今回、本誌で紹介した6つの地区の、6年前と今の姿を写真でお届けします。

AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援

AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援

宮城県山元町、岩手県岩泉町、福島県広野町

復興支援MAP

復興支援MAP

UR都市機構が取り組む復興支援MAP2017

UR災害復興支援の取り組み

UR災害復興支援の取り組み

阪神・淡路大震災、新潟県中越沖地震、東日本大震災と復興支援に取り組んできたUR都市機構。これまでの経験やノウハウを生かし、災害からの復旧・復興に取り組む自治体と連携し、復興を支援している。

団地で楽しく防災を考える

団地で楽しく防災を考える

災害に備える知識を学ぶワークショップや被災時に住まいとなるテントに泊まる体験など団地を舞台に「もしも」のときについて学び、体験する催しが大好評だ。

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ