街に、ルネッサンス UR都市機構

「希望」が見えてきたまちへ (団地で楽しく防災を考える)

URPRESS 2018 vol.49 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

東京都町田市 町田山崎団地
団地で楽しく防災を考える
「DANCHI Caravan in町田山崎」

災害に備える知識を学ぶワークショップや被災時に住まいとなるテントに泊まる体験など団地を舞台に「もしも」のときについて学び、体験する催しが大好評だ。

盛りだくさんのプログラム 参加者も増加

町田山崎団地は総戸数約3,900戸の大型団地。その団地のほぼ中央にある芝生の広場がイベントの会場だ。親子でテント張りをしたり、薪割りや火おこしを体験したり。いつもの団地が非日常の空間になっていた。

団地の中の小高い丘にある広場にはテント仕立てのブースが並び、子どもから年配者まで多くの人々でにぎわっていた。町田駅からバスで約15分の場所にある町田山崎団地。3月4、5日に行われた「DANCHI Caravan in町田山崎」~防災まつり~は、「もしも」のときの備えを楽しく学ぼうというイベントだ。

UR都市機構と町田山崎団地自治会・自主防災会が主催し、企画運営を、「無印良品」を展開する株式会社 良品計画が担って今年で3回目。年々規模を広げ、参加者数を増やしている。身の周りのものを緊急時に役立てるためのワークショップや、被災時に屋外や避難所で過ごすことを想定してテント泊を体験する「団地deキャンプ」、消防の協力による起震車や煙ハウス体験、警察による災害時復旧の紹介など、プログラムは盛りだくさんだ。

テント泊と防災をドッキングさせてみた

実はこのイベント、始まりは「キャンプ」だったという。UR都市機構の東日本賃貸住宅本部に、若手有志が集まった「O-LDK(オーエルディーケー)部」がある。「O」とは「お外」「OUTDOOR」を意味し、緑豊かなゆとりの空間や公園など、団地の屋外の魅力を発信していこうというプロジェクトだ。
「その一環として団地内でキャンプができないだろうかと考え、無印良品さんに相談したのがきっかけです。企画を検討していくなかで、防災を主役にする方向性が生まれました」

とUR都市機構O-LDK部メンバーで、イベントの事務局を務める入村 誠は語る。

無印良品は全国3カ所でキャンプ場を運営しており、またUR都市機構とは以前から団地リノベーションなどで協力関係を結んでいる。さらに、「いつものもしも」と称して、普段使いできる無印良品の商品を災害への備えとして使いこなす提案にも実績があった。DANCHI Caravanのプロデューサーで、良品計画のキャンプ担当課長である石川雅人さんによれば、 「東日本大震災から時間がたち、防災意識の風化を感じるなかで、テント泊と防災ワークショップをドッキングさせるアイデアが出てきました。防災というと堅苦しくなりがちなので、誰でも楽しみながら災害への備えに必要なモノやテクニック、健康についても学べるよう、企画内容を工夫しています」

「防災意識を高めるだけでなく、来場者に団地の良さを知ってほしい」と話すUR都市機構の入村。
「テント泊体験は、小さなお子さん連れの家族に興味を持っていただいている」と話す良品計画の石川さん。
団地外からの来場者も多く、防災意識の高まりを実感した。
普段の食品を非常時、いかに活用するかを提案する無印良品「いつものもしも」ワークショップコーナー。
イベントを盛り上げたUR都市機構O-LDK部メンバー。
夕方はキャンプファイヤーで体を動かし、いよいよ「団地deキャンプ」の時間。
団地の広場に設営したテントで食事。
少ない水で米を炊いたり、小さな鍋でパスタをゆでるノウハウなどを学びながら、参加者自身で食事作り。

団地自治会とも連携 地域の人々と楽しく交流

団地自治会長の吉岡さんは、大きな災害のときこそ、集まって住む団地の良さを発揮したいと考えている。

町田山崎団地の団地自治会・自主防災会とも連携してミーティングを重ねてきた。自治会・自主防災会では以前から秋に避難訓練、春には防災まつりを実施してきたが、防災まつりをそのままこのイベント2日目のプログラムに組み込んだ。 「防災訓練や防災まつりにもなかなか人が集まらない時代ですが、こうしたイベントになったおかげで、団地の外からもたくさんの人がやってきます。周辺地域の人たちの防災意識も高め、交流できるのがメリットですね」

と自治会長の吉岡栄一郎さん。

常備の乾物と調味料を使った超簡単調理や、火おこし・たき火体験、近隣にある桜美林大学の学生たちによる子どもの外遊び塾などプログラムは多彩で、地元のFMさがみによる中継や、ケーブルテレビJ:COMの取材も入った。

1日目の昼過ぎからは会場南側の広い芝生のスペースで、事前に募集した12組41名の参加者たちが、スタッフの指導を受けながらテントを設営した。夕方のキャンプファイヤーイベントで体を動かす遊びに興じた後、いよいよテント泊に挑戦だ。子ども連れのファミリーに団地自治会の年配者も加わって、少ない水や火で調理する方法や、皿を汚さない工夫などを学びながら、楽しく料理を作るうち、辺りは夕闇に包まれていく。

宿泊も含むユニークな体験を提供するこのイベントは、新しい防災への取り組みとして今後も注目を集めそうだ。

【西上原三千代=文、佐藤慎吾=撮影】

宮城県 石巻市

石巻市の南側に広がる新門脇地区では、復興公営住宅がすべて完成し、宅地と道路もほぼ完成を迎えた3月、新たなまちのお披露目が行われた。

宮城県 塩竈(しおがま)市

「災害公営住宅の整備に係る基本協定」に加え、「コミュニティー形成と地域の支え合い活動の推進に関する協力協定」も結び、安心して暮らせる環境づくりを共に進めてきたUR都市機構と塩竈市。担当する最後の災害公営住宅が完成し、節目となる日がやってきた。

宮城県 南三陸町

高台の住宅地の完成、そしてさんさん商店街の移転オープン。この春、南三陸町の復興まちづくりは、新たな幕を開けた。

岩手県 陸前高田市

2月、俳優・村上弘明さんが、テレビ番組の収録で、震災から6年たった故郷・陸前高田を訪れた。地震と津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田。そこで進む復興まちづくりを支える人々に、笑顔があった。

復興インタビュー

震災直後から故郷・陸前高田をはじめ東北地方を訪れ、被災した人々に寄り添った活動を続けている村上弘明さん。6年間、復興を見つめてきたから、見えてきた希望があると語ります。

福島県 いわき市

この春、いわき市は明るいニュースに包まれた。まっさらな造成地を彩る復興祈願のツツジが鎌倉から届いたのだ。

Before&After 2011→2017

大震災から6年。復興の槌音は、確実な響きとなって被災地にこだましています。新たなまちづくりが進む東北3県のなかで、今回、本誌で紹介した6つの地区の、6年前と今の姿を写真でお届けします。

AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援

宮城県山元町、岩手県岩泉町、福島県広野町

復興支援MAP

UR都市機構が取り組む復興支援MAP2017

UR災害復興支援の取り組み

阪神・淡路大震災、新潟県中越沖地震、東日本大震災と復興支援に取り組んできたUR都市機構。これまでの経験やノウハウを生かし、災害からの復旧・復興に取り組む自治体と連携し、復興を支援している。

団地で楽しく防災を考える

災害に備える知識を学ぶワークショップや被災時に住まいとなるテントに泊まる体験など団地を舞台に「もしも」のときについて学び、体験する催しが大好評だ。

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ