街に、ルネッサンス UR都市機構

素敵に飾るインテリアグリーン(6)

URPRESS 2021 vol.65 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


ハイドロボールに植え替えて気軽に楽しむ観葉植物

食卓やキッチンでグリーンを楽しむのなら、土ではなくハイドロボールを使う方法をおすすめします。ハイドロボールは粘土を焼いて発泡させた茶色いボール状の土。多孔質で水や空気を蓄える性質があり、底穴のない容器が使えます。水受け皿は不要ですし、テーブルに土がこぼれたりコバエが発生したりする心配もありません。

百円ショップで売っている安価なミニ観葉植物をハイドロボールに自分で植え替えることもできますよ。ガラスなどの容器に根腐れ防止剤を入れ、その上にハイドロボールを入れます。土から苗をそっと抜き、水でやさしく根を洗ってピンセットを使って丁寧にハイドロボールに移植します。

ガラスの容器を使うと水の量も一目でわかります。はじめに容器の高さの1/5位まで水を入れ、この水がなくなったら水やりのタイミング。鉢の温度が上がりやすいので、置き場所は半日陰がよいでしょう。

植え替えのときに折れてしまった茎や、根が小さくてハイドロボールでは支えられないものを、私は透明なジェルポリマーを利用して飾っています。涼し気でこれからの季節におすすめですよ。

鉢植えで楽しんでいたサンスベリアとワイヤープランツは、ハイドロボールを利用してガラスの器に移してスッキリと。根が小さかったテーブルヤシはジェルポリマーを利用。
キッチンで楽しみたいハーブの鉢植えのアイデア。貼ってはがせる強力両面テープで壁に貼りました。そうじの邪魔にもなりません。重くならないように土は少な目に。

プロフィール

かいがあゆみ

フォトスタイリスト。読者数12万人をこえるアメブロ公式ブログ「インテリアと暮らしのヒント」メンバー。
暮らしを楽しむアイデアを自身のブログや雑誌等でも発信している。

かいがあゆみさんの画像

【貝賀 あゆみ=文・写真】

  • ツイート(別ウィンドウで開きます)
  • LINEで送る(別ウィンドウで開きます)

素敵に飾るインテリアグリーン バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

CONTENTS

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ