街に、ルネッサンス UR都市機構

素敵に飾るインテリアグリーン(2)

URPRESS 2020 vol.61 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]


小さな多肉植物はまとめて飾って存在感を出す

植え替えたらたっぷり水をやり、その後は土の表面が十分乾いたら鉢底の穴から流れ出るくらいしっかりと水をやります。日当たりの良い場所に置きましょう。

造形が独創的で種類も多く、初心者にも育てやすいサボテンや多肉植物が人気です。100円ショップで気軽に買えるのもいいですね。

100円ショップで売っているような小さな鉢植えは、一つだけで飾ってもお部屋の中で埋もれてしまいます。オシャレに見せるには、ぜひ何個かまとめて飾ってみましょう。トレイやカゴに集めることで、まとまり感と存在感が増します。

単に集めて飾るだけでなく、素焼きの鉢にアクリル絵の具で色を塗ったオリジナルの鉢に植え替えて飾るのもおすすめ。アクリル絵の具は乾きが速く耐水性があるので植木鉢にピッタリ。格子柄などの模様を描きたい場合は、マスキングテープを貼ってから塗り、絵の具が乾いてからテープをはがせばはみ出すことなくまっすぐに塗れます。消しゴム付き鉛筆の消しゴム部分に絵の具を付けてとんとん押せば、水玉模様もきれいにできますよ。

写真のように、丸いトレイにまとめると円が重なり楽しい雰囲気に。素焼きのミニ鉢もアクリル絵の具も100円ショップで手に入ります。ぜひ気軽に試してみてください!

幅の細いマスキングテープを使うと細かい模様をきれいに描きだすことができます。

プロフィール

かいがあゆみ

フォトスタイリスト。読者数14万人をこえるアメブロ公式ブログ「インテリアと暮らしのヒント」メンバー。
暮らしを楽しむアイデアを自身のブログや雑誌等でも発信している。

【貝賀 あゆみ=文・写真】

素敵に飾るインテリアグリーン バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

CONTENTS

メニューを閉じる

ページの先頭へ