UR都市機構

阪神・淡路大震災でのURの取り組み

都市基盤整備公団、震災復興事業本部の看板の写真

復興の現場の写真

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災は、建物の倒壊や大規模な火災などで6500名近い犠牲者を出すこととなりました。
URは震災復興事業本部を設置し、一日も早い復興に向けて全力で取り組みました。この大震災では公園が延焼防止を果たすとともに、救護や復旧活動拠点として機能し、都市公園の重要性が再認識されるきっかけにもなりました。

復旧支援まとめ

阪神淡路大震災(平成7年) 1,200人/日
建物応急危険度判定調査活動 750人/日
宅地被害対策調査活動 970人/日
被害者用暫定住宅入居手続き要員 4,350人/日
応急仮設住宅の建設要員 3,206戸
被災者、自治体への公団住宅の無償貸与 約40ha
応急仮設住宅用地の提供 10,336戸
応急仮設住宅の建設 1,200人/日
防災資材の提供(土のう、ビニールシート、杭等)

事業紹介ページ

復旧・復興事例一覧

メニューを閉じる

ページの先頭へ