街に、ルネッサンス UR都市機構

令和元年東日本台風でのURの取り組み

応急仮設住宅建設現場を視察するUR職員の写真

打ち合わせに参加するUR職員の写真

被害認定調査に同行するUR職員の写真

令和元年台風東日本台風は、河川の決壊による浸水被害や土砂災害が多発し、東日本大震災を超える過去最大の14都県390市区町村に災害救助法が適用される大規模な災害となりました。
URでは、国土交通省からの要請に基づき、長野県と長野市へ10月23日(水)から11月8日(金)の17日間にわたり職員を派遣するなど、一日も早い復旧に向け支援を行いました。

UR職員の派遣について

【職員派遣の内訳】
1.リエゾン業務に係る派遣(国土交通省住宅局からの要請による)
派遣期間:令和元年10月23日から令和元年11月8日
派遣人数:のべ38人・日
派遣先:長野県
主な業務:国及び地方公共団体の関係部署間連絡調整業務

2.被害認定調査に係る派遣(国土交通省住宅局からの要請による)
派遣期間:令和元年10月23日から令和元年11月2日
派遣人数:のべ21人・日
派遣先:長野市
主な業務:被害認定調査

UR賃貸住宅提供のご案内(受付は終了しております)

復旧・復興事例一覧

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ