UR都市機構

塩竈市の復興事業の動き

災害公営住宅整備事業について全地区で事業が完了いたしました。

復興まちづくり事業の概要

※平成29年9月1日現在

災害公営住宅の整備

地区名 戸数 仕様 状況
伊保石 (いぼいし) 31戸 木造戸建 完成・引渡し済
錦町(にしきちょう) 40戸 RC造 完成・引渡し済
浦戸桂島(うらとかつらしま) 13戸 木造長屋・戸建 完成・引渡し済
浦戸野々島(うらとののしま) 15戸 木造集合 完成・引渡し済
浦戸寒風沢(うらとさぶさわ) 11戸 木造長屋・戸建 完成・引渡し済
浦戸朴島(うらとほうじま) 5戸 木造長屋・戸建 完成・引渡し済
清水沢(しみずさわ) 170戸 RC造 完成・引渡し済
錦町東(にしきちょうひがし) 70戸 RC造 完成・引渡し済

※戸数は平成29年9月1日現在の整備戸数を表す

お知らせ

式典等の様子

左から、佐藤塩竈市長、三浦宮城県副知事、郡東日本大震災復興対策本部宮城現地対策本部本部長、当機構理事長小川(当時)平成24年2月1日 塩竈市調印式
左から、佐藤塩竈市長、三浦宮城県副知事、郡東日本大震災復興対策本部宮城現地対策本部本部長、当機構理事長小川(当時)
イメージイメージ
伊保石(いぼいし)地区(災害公営住宅)
平成24年2月1日宮城県及び塩竈市から建設要請
(整備概要)
・木造戸建 31戸
・新旧コミュニティの形成、融合
・地元産木材の活用、地域特性を生かした景観形成
伊保石地区(平成25年1月撮影)伊保石地区(平成25年1月撮影)
PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get ADOBE READER

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ