街に、ルネッサンス UR都市機構

大槌町の復興事業の動き

大槌町とURは、平成24年4月11日に災害公営住宅の整備に係る基本協定、平成24年7月5日に大槌町復興整備事業の推進に関する協力協定を締結し、相互協力の下、復興まちづくりを推進し、復興市街地整備事業、災害公営住宅整備事業については全地区で事業が完了いたしました。

復興まちづくり事業の概要

※平成31年4月1日現在

復興市街地整備事業

地区名 面積 事業手法 状況
町方(まちかた) 40ha 区画整理
津波復興拠点
防災集団移転
事業完了

※面積は事業計画等の面積を表す

災害公営住宅の整備

地区名 戸数 仕様 状況
大ケ口(おがくち) 70戸 木造長屋 完成・引渡し済
屋敷前(やしきまえ) 21戸 木RC混造長屋 完成・引渡し済
大ケ口二丁目(おがくちにちょうめ) 23戸 木造戸建 完成・引渡し済
柾内(まさない) 13戸 木造戸建 完成・引渡し済
町方(末広町)(まちかた すえひろちょう) 53戸 RC造 完成・引渡し済
寺野(てらの) 27戸 木造戸建 完成・引渡し済
町方(御社地)(まちかた おしゃち) 24戸 RC造 完成・引渡し済
町方(本町1・上町)
(まちかた ほんちょう・かみちょう)
12戸 木造戸建 完成・引渡し済

※戸数は平成29年9月1日現在の整備戸数を表す

お知らせ

式典等の様子

左から、碇川大槌町長、当機構理事松田平成24年4月11日 大槌町調印式
左から、碇川大槌町長(当時)、当機構理事松田(当時)
イメージイメージ
平成24年4月11日岩手県及び大槌町から建設要請
 (整備概要)
 ・木造低層長屋 70戸
 ・地元産木材を活用した集合住宅
 ・美しい山並みや、里山の風景になじむ和風建築
碇川大槌町長平成25年1月25日 大ケ口安全祈願祭 碇川大槌町長(当時)
岩手震災復興支援局長佐々木挨拶平成25年1月25日 大ケ口安全祈願祭
岩手震災復興支援局長佐々木挨拶(当時)
機構PRブース平成25年1月25日 大ケ口安全祈願祭
機構PRブース
発注支援協定に調印平成25年3月1日 大槌協定調印式
発注支援協定に調印
左から、碇川大槌町長(当時)、当機構理事長上西(当時)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。 Get ADOBE READER(別ウィンドウで開く)

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ