街に、ルネッサンス UR都市機構

環境への取り組み事例 サンヴァリエ桜堤

プロジェクト紹介

サンヴァリエ桜堤

・所在地:東京都武蔵野市桜堤1丁目
・管理開始:1999年10月
・用途:共同住宅601戸※
・構造:鉄筋コンクリート造、3~10階建、18棟※
・敷地面積:約44,000平方メートル※第1ブロック

サンヴァリエ桜堤

サンヴァリエ桜堤は、完成から約40年を経過した桜堤団地の建替によって生まれました。桜並木をはじめ大きく成長した樹木や、敷地内を横断する仙川など、恵まれた環境資産を活かすため、緑の継承、地域との融和、環境への配慮、いきいきとした生活空間づくりの4つを計画の基本方針としています。コンクリート三面張りで流量もほとんどない状態であった仙川は、自然の川をお手本に、自然石や木杭を配置して深さを変化させることで、多様な生きものの生活環境として生まれ変わり、人々の集う親水空間となりました。また、武蔵野市と協力して、団地内で発生する生ゴミのコンポスト化に取り組んでおり、コンポストは市によって回収された後、農家で有機肥料として活用されています。

仙川水辺公園の池や仙川の補給水に雨水を利用 仙川水辺公園の池や仙川の補給水に雨水を利用。建物に降った雨を地下の貯留槽に貯め、 太陽エネルギーを動力源としたポンプで汲み上げて水源としている。

石積みや乱杭、植栽でつくられた護岸

建替前の樹木を残した緑豊かな屋外空間

地下に貯留された雨水の利用建替前の樹木を残した緑豊かな屋外空間

関連ページ

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ