街に、ルネッサンス UR都市機構

復興の「今」を見に来て!第8回 Part2

URPRESS 2016 vol.47 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

復興の「今」を見に来て!第8回 Part2 人が戻り、明かりが灯る。復興の第二ステージへ! 気仙沼市 宮城県唐丹湾の海側上空から眺める花露辺地区。

宮城県の気仙沼湾の最奥部に位置する鹿折(ししおり)地区。津波と大規模火災で壊滅的な被害のあったこの地に、2016年5月18日、ファミリーマート気仙沼鹿折店がオープンした。オーナーの成澤誠一さんは「真っ暗だったまちに明かりが灯ったのがうれしいと、お客様に喜んでいただきました」と笑顔を見せる。

気仙沼市と2012年に協力協定を締結したUR都市機構は、この鹿折地区で復興市街地整備事業と災害公営住宅整備事業を展開している。42ヘクタールの敷地では、住宅地で約3メートルを基本に、海に近い商工業地で約1.8メートルを基本としたかさ上げと整備が順調に進捗。ファミリーマートは鹿折地区のまちづくり、商業地再興への先駆けとなる第一号店だ。「鹿折地区では、より早くスムーズに店舗や工場などの契約ができるよう、『事業者等エントリー制度』を活用しています」と語るのは、UR都市機構気仙沼復興支援事務所市街地整備課主査の栗栖(くりす)大輔だ。

事業者等エントリー制度とは、「土地を貸したり売ったりすることを望む地権者」と「区域内で土地を探している事業者や個人」の間にURが入って仲人役を担うもの。契約を迅速に進めるとともに、小規模に点在する土地を集約することで、大型商業施設などを誘致しやすくする利点がある。今後も、同制度を利用して、スーパーや金融機関などが出店予定だ。

栗栖と同様、市街地整備課の春野正成は「店舗ができて人が住み、まちが変わっていくのが楽しみです」と目を輝かせる。

ファミリーマート気仙沼鹿折店オーナーの成澤誠一さん。
「休日は自転車で市内を回って、震災前の地図と照らし合わせながら、土地勘を養っています」というUR都市機構市街地整備課主査の栗栖大輔(左)と、「これからの不安を抱える方の、よき話し相手になれれば」と語る春野正成(右)。

ペットと一緒に住める災害公営住宅

鹿折南の災害公営住宅に入居した佐川泰斗さんと妻の彩花さん、長女の結乃(ゆの)ちゃんと愛猫ラム。「家事動線もよく、収納もたっぷりで暮らしやすい。広いので、仮設住宅にいたときに比べて娘のハイハイのスピードが早くなりました」と彩花さん。
鹿折南住宅は、地元の人たちが大切にする安波山を生かす配置や色彩に考慮した。

広大なかさ上げ地のなかで、ひときわ目を引くのが、8棟の真新しい災害公営住宅だ。気仙沼のシンボルである安波(あんば)山を背景にすくっと立ち並ぶ姿は、復興の兆しの象徴のように見える。「部屋が明るくて広いので、引っ越してきて、気持ちも明るくなりました」と語るのは、8月に入居したばかりの佐川泰斗(やすと)さん。幅広い年代の人の触れ合いがある鹿折のまちが好きで、この地にどうしても戻って来たかったと言う。

この鹿折南の災害公営住宅を建設したのはUR都市機構。佐川さんの住居は、ペットと一緒に住める「ペット共生棟」だ。気仙沼復興支援事務所住宅計画課課長の石渡直樹は、「震災後、ご家族を亡くされてペットを大切にしておられる方が多いなか、公営住宅でペットと住めないかとの発想でつくりました」と、そのねらいを語る。

同じく住宅計画課の塚本恭将(やすまさ)は「今年の12月には8棟全部の引き渡しが完了します。この事業に携った人たちから、よかったと言われるように最後まで全力投球したい」と言葉を継ぐ。

気仙沼市建設部都市計画課の佐々木守課長は「URの方々は言葉も習慣も違う地で中心になって動いてくださり、ほんとうに助かっています。URさんがいなかったら、どうなっていたことか」と、労をねぎらう。

夜は漆黒の闇だった土地に人が戻って店ができ、にぎわいがよみがえる。復興の第二ステージへ、鹿折地区は新たな一歩を踏み出した。

UR都市機構住宅計画課課長の石渡直樹(左)と塚本恭将(右)。鹿折南住宅は、4、5階建て8棟計284戸。中庭にドッグランがあるペット共生棟のほか、高齢者向けに外廊下から見守りができる部屋など、全8タイプがある。

佐川さん一家が入居する8号棟はペット共生棟。

「鹿折は、もともと住・商・工業が混在するまち。災害公営住宅や店舗が呼び水となって、早く多くの企業や人々に戻ってきてほしいですね」と、気仙沼市建設部都市計画課 佐々木守課長。

陸前高田市と気仙沼市でのUR都市機構の取り組みの詳細が紹介された『週刊新潮』掲載の「変わる 日本の『暮らし』と『まち』」がWEBでご覧いただけます。

気仙沼市の復興事業の動き

【阿部民子=文、佐藤慎吾=撮影、福田正紀=ドローン撮影】

動画

復興の「今」を見に来て! 第8回
宮城県 気仙沼市
UR PRESS Vol.47 復興の「今」を見に来て!宮城県 気仙沼市
  • ツイート(別ウィンドウで開きます)
  • LINEで送る(別ウィンドウで開きます)

復興の「今」を見に来て!バックナンバー

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

メニューを閉じる

ページの先頭へ