街に、ルネッサンス UR都市機構

UR INFORMATION

URPRESS 2018 vol.54 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

新虎通りのコミュニティー施設
「新虎小屋(しんとらこや)」がリニューアルオープン

RENEWAL OPEN

URは、東京の新たなシンボルストリート「新虎通り」に、地域に密着しながらまちづくり支援を行うにぎわい施設「URTRA(ウルトラ)」をつくり、運営してきました。この施設が今年6月、「新虎小屋」としてリニューアルオープンしました。

「新虎小屋」では、新虎エリアの地域情報誌を配布し観光案内所としても機能する「新虎GUIDE」、ランチタイムにカレーなどを提供する「小屋めし」、まちの図書館として機能する「とらの本」、以上3つのコンテンツを中心に活動を展開。新虎通りのにぎわいを生み出し、より魅力的なまちづくりを進めていきます。お近くにお越しの際には、ぜひのぞいてみてください。

新橋と虎ノ門を結ぶ新たな道路「新虎通り」にあります。

長野県とURが
「まちづくり支援に係る包括連携に関する協定」を締結

NEWS
5月に行われた調印式。阿部守一長野県知事(右)と、中島正弘UR都市機構理事長(左)。

長野県とURは、県が行う未来に続く魅力あるまちづくりを推進することを目的として、相互に連携する協定を締結しました。
今後は県とURが協力して、県内のまちづくりの支援や、まちづくりに携わる人材の育成支援を行います。
具体的には、「信州地域デザインセンター(仮称)」構築に向けた検討、老朽化した公共施設や空き地、空き家の利活用、民間の力を借りたまちの活性化などの相談への対応、専門家の派遣による各種事業やコーディネートなどを行い、長野県内のまちづくりを応援していきます。

UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ