街に、ルネッサンス UR都市機構

住戸内の計画的修繕について

UR都市機構では住宅の耐用の延伸を図るため必要な修繕について、修繕周期などの基準を定めて計画的に修繕を行っています。

修繕等項目 修繕内容
鋼製窓建具のアルミ化 概ね30年以上経過した外回り鋼製窓建具で劣化の著しいものをアルミ製建具に取替
玄関扉の防犯鎖のドアガード化 玄関扉の防犯鎖(ドアチェーン)をドアガードに取替玄関扉の防犯鎖のドアガード化
玄関扉錠前のレバーハンドル化 にぎり手形状がにぎり玉の錠前を、レバーハンドル錠に取替え
洗濯排水設備の設置 洗濯排水設備未設置住宅のうち、設置可能な住宅に直接又は間接による排水設備を設置
電灯幹線の改修(40アンペア化) 共用部分の電灯幹線の改修(40アンペア化)が完了した住棟で、住宅内の幹線改修及び漏電遮断器の設置を居住者からの要望により実施
住宅用火災警報器修繕 設置から10年を経過した住宅用火災警報器を取替
住戸内の計画的修繕の事例

賃貸住宅にお住まいの方へ


賃貸住宅の維持管理体制等について

UR賃貸住宅ストック活用・再生ビジョン等について

計画的修繕について

UR都市機構への「願出」・「届出」(模様替えについて等)/その他

メニューを閉じる

ページの先頭へ