街に、ルネッサンス UR都市機構

多様な世代に対応した居住環境の整備


各世代のニーズに配慮した住宅やサービス導入

地域医療福祉拠点化の取組みでは、高齢者の方が安全・安心に住み続けられるよう工夫した住宅や多世代のニーズに合った住宅の整備を進めています。また、共用部のバリアフリー改修や見守りサービスの提供も進めています。

Case01 高齢者に対応した住宅

健康寿命サポート住宅

  • 団地、住戸により一部仕様が異なります。

高齢者の方が安全に住み続けられるように多様な住環境のニーズに応え、移動に伴う転倒の防止等に配慮した改修を行った住宅です。また、外出したくなるような屋外環境を備えることで、健康寿命延伸のサポートを目指します。

「健康寿命をのばそうAward」厚生労働省健康局長優良賞受賞

2015年度 第4回
「健康寿命をのばそうAward」
厚生労働省健康局長優良賞受賞

Case02 多様な生活スタイルに対応した住宅プラン

MUJI×UR(写真左)
(東京都多摩市、多摩ニュータウン永山)
イケアとURに住もう。(写真右)
(愛知県豊明市、豊明団地)

民間事業者と連携し企画した住宅プランを取り入れ、多様な生活スタイルに対応した住宅を提供しています。

Case03 共用部分のバリアフリー等の改修

  1. 中層階に設置したエレベーター
    (神奈川県相模原市、相模台団地)
  2. 住棟出入口のスロープ設置
    (東京都多摩市、多摩ニュータウン永山)
  3. 広場の整備
    (埼玉県三郷市、みさと団地)
  4. ウォーキングコースの整備
    (神奈川県横浜市、奈良北団地)
  5. ウォーキングコースの整備
    (奈良県奈良市、富雄団地)

Case04 見守りサービス

パートナー事業者版(全国)

ご希望の方を対象に実施している見守りサービス(月額900円(税抜)・初期費用別途)は、住宅の壁や天井に設置したセンサーによりお客様の動きが確認できないときコールセンターからお客様に電話確認をし、必要に応じて緊急連絡先へご連絡するサービス

パートナー事業者以外

パートナー事業者以外にも、様々な事業者のサービスを選択することができます。事業者により費用やサービス内容が異なります。また、エリアにより選択できる事業者が異なります。


メニューを閉じる

ページの先頭へ