街に、ルネッサンス UR都市機構

子育て支援

 

男山団地

 
男山団地(京都府八幡市)
コソダテUR・U35割(一部) UR賃貸住宅は、礼金・仲介手数料・契約更新料・保証人 不要。

子育て支援
子育て支援の取組み

当プロジェクトにおいては、2つの取り組みを通して、UR男山団地をきっかけとした、まち全体の子育て環境の再編を目指しています。

■地域子育て支援施設「おひさまテラス」の開設
■子育て世代向け「子育ての住まいリノベーション」

地域子育て支援施設 遊びの広場「おひさまテラス」

2014年12月に団地内集会所の一部を改修してオープンした地域子育て支援施設「おひさまテラス」。こどもと親が一緒に遊ぶ、「遊びの広場」と一時預かりする「ファミリーサポート」があり、保育士のみなさんたちが見守ります。また、子育て支援センターとも連携し、地域の子育てママの不安にも応えられる体制づくりが始まっています

開園日 :月、火、金と隔週(第2,第4)土曜
開園時間:10~16時

子育ての住まいリノベーション

昭和40年代に建設されたUR男山団地の住戸について、関西大学からの設計提案により、子育て層にも優しい特徴あるリノベーションを施しました。

□ のびのびしたプランニング
団地の魅力である、南北の抜けを意識しながら3つのコンセプトで施行。
(1)大きな一つの空間を必要に応じて区分 
(2)気持ちよく立てるキッチン
(3)明るく気持ちのいいサニタリールーム

□ 見守り、感じられるプランニング
「キッチンから見える。」「気配を感じられるひとつながりの空間」など、少し離れた場所に居ても、安心感を抱けるような空間構成。

子育ての住まいリノベーション

ダンチ de コソダテ in 男山

新たなもの、今までにあるもの。団地全体の環境で、魅力的に暮らし、子育てする。
子どもがのびのびと安全に遊べる広場や公園、子どもを見守る地域コミュニティ、子育てにやさしい住まいと施設。
子育て中のパパやママがストレスなく、地域の人々も楽しみながら見守り、暮らせる地域づくり。
それが「ダンチdeコソダテ」のコンセプトです。

ダンチ de コソダテ in 男山

UR都市機構における子育て支援の制度

「近居割ワイド」は、今までUR同士の入居で適用されていた「近居割」を、URとUR以外の住居にも5年間家賃が最大5%割引になる新サービス。
親世帯が住む戸建持家の近くのURに子育て世帯が入居するケースなど、近くに住む安心感は子育て世帯、親世帯のいずれにも大きなメリットになるはずです。

UR都市機構における子育て支援の制度

その他の子育て支援制度として、最大6年間家賃を20%割引の、子育て割(適用条件があります。) や3年間家賃を
20%割引の、そのママ割(適用条件があります。) 、U35割(適用条件があります。) をご利用いただけます。

メニューを閉じる

ページの先頭へ