街に、ルネッサンス UR都市機構

リノベーション住戸募集

 

男山団地

 
男山団地(京都府八幡市)
コソダテUR・U35割(一部) UR賃貸住宅は、礼金・仲介手数料・契約更新料・保証人 不要。

  • 現地内覧会
    • 令和2年2月1日(土)~2月8日(土)の10時~16時
      ※2月5日(水)は休業日となっております。
      (今回の募集は終了いたしました。ありがとうございました。)
  • 申込受付
    • 2月9日(日)の午前10時~10時30分(今回の申込受付は終了いたしました。ありがとうございました。)
  • 受付場所
    • 男山団地中央集会所
  • アクセス方法
    • 京阪本線「樟葉」駅から京阪バス約8分、「中央センター前」他下車
      京阪本線「八幡市」駅から京阪バス約11分、「中央センター前」他下車
  • お問い合わせ先
    • 男山団地募集案内所 075-982-8095

※モデルルーム内の家具・調度品は生活をイメージしていただくものであり、ご契約いただく際には設置しておりません。

リノベーション住戸情報

関西大学KSPDとともに団地の新しい暮らし方をつくりました。

今回で6年目を迎える当プロジェクト。
今回も関西大学KSPDの皆さんが今までの経験やヒアリングしたニーズを基に、プランニングと設計を行い、素敵な住戸が完成しました。
今年のテーマは昨年に引き続き「DIY」。
入居される方には、JCBギフト券(3万円分)と学生さんが提案したDIYキット(折りたたみローチェアの材料)をプレゼントします。
日々の生活が楽しくなるような工夫がなされた空間を是非体感してみてください。
なお、2月2日(日)には、だんだんラボ(B47号棟1階、だんだんテラス横)でDIYイベントを実施する予定です!

今回設計した学生たち
折りたたみローチェア

<ROOM1> 大きな玄関土間のある住まい
B28号棟507号室(東浦さん設計)
fig.1
拡大レンズ
fig.2
拡大レンズ
fig.3
拡大レンズ
fig.4
拡大レンズ
fig.5
拡大レンズ
fig.6
拡大レンズ

型式:1LDK-Y
階層:5階
住戸専有面積:47.51㎡
募集家賃:50,500円
共益費:2,300円

■コンセプト
玄関からベランダまで広がる大きな土間が特徴の住戸です。
土間は玄関としてはもちろん、DIYなどの作業スペースや、リビングやダイニングとしても利用することができます。
多様な活動の受け皿となる土間を室内に取り込むことで、広がりのある豊かな暮らしができる部屋になっています。
北側にある洋室はふすまで区切れるようになっているので、この部屋を寝室、土間のある部屋を来客用のスペースとするなどの使い分けもできます。
元々は少し手狭であった洗面所とトイレも、一室化したことでゆったりと使える水回りになっています。

■暮らし方提案
土間のスペースは、玄関やベランダなどの屋外空間の延長としても、リビングやダイニングなどの屋内空間としても使えます。
自分の生活に合った使い方を探してみてください。


<ROOM2> 空と暮らす住まい
C11号棟503号室(藤本さん設計)
fig.1
拡大レンズ
fig.2
拡大レンズ
fig.3
拡大レンズ
fig.4
拡大レンズ
fig.5
拡大レンズ
fig.6
拡大レンズ

型式:1R-S
階層:5階
住戸専有面積:46.68㎡
募集家賃:46,600円
共益費:2,300円

■コンセプト
南北方向への伸びやかな抜けと開放感がある、空と緑の風景を楽しめる住戸として設計しました。
ワンルームの中ではDIYによる選択性のある暮らしを目指しています。
玄関から部屋に入る部分に半透明の引き戸と縦長の窓を設けることで、玄関が明るくなっています。
住戸の外周にある壁をグレーで塗装、その他は白の塗装で仕上げることで部屋の広さを強調しています。

■暮らし方提案
収納、家具を作って、自分なりにアレンジしていくことで、より豊かな部屋になると思うので、どんどんチャレンジしてみてください。


<ROOM3> 縁側のある住まい
C15号棟107号室(中井さん設計)
fig.1
拡大レンズ
fig.2
拡大レンズ
fig.3
拡大レンズ
fig.4
拡大レンズ
fig.5
拡大レンズ
fig.6
拡大レンズ

型式:1R-T
階層:1階
住戸専有面積:46.68㎡
募集家賃:52,500円
共益費:2,300円

■コンセプト
北側全体を土間とし、居室との境界に縁側空間を設けました。
土間には、屋外から直接自転車やベビーカーを持ち込むことができる空間となり、縁側は土間でのアクティビティの可能性を広げます。
また、無垢材のフローリング、板壁を使用しています。
経年変化する素材には、住む人の生活スタイルが反映され、だんだんと住む人になじんでいきます。

■暮らし方提案
キッチン裏のスペースにベッドを配置し、残りのフローリング部分はLDKとして使います。
普段は縁側の襖を開放し、土間とLDKを連続させて広く使えて、南北の風の抜けも感じながら生活できます。


  • 受付場所
    • 男山団地B48号棟2階 男山団地募集案内所
  • お問い合わせ先
    • 075-982-8095

メニューを閉じる

ページの先頭へ