UR都市機構

ニュータウン事業アーカイブ

多摩ニュータウンの航空写真

URは、魅力ある郊外生活を実現していくため、地域の特性を生かしながら、少子高齢社会への対応、環境共生、安全・安心なまちづくりなど、まちの魅力向上を図る事業を推進しています。

ニュータウン事業

戦後の深刻な住宅不足の状況下、大量の住宅供給の実施機関として昭和30年に日本住宅公団が発足し、集合住宅の供給とともに宅地開発事業にも取り組み始めました。
初期は、住宅宅地の大量供給を目的とした都市近郊地区(香里など)や大規模ニュータウン(多摩ニュータウンなど)に着手。その後、筑波研究学園都市・関西文化学術研究都市・つくばエクスプレス沿線整備等の国家的プロジェクトの推進や、複合多機能都市への転換、業務核都市構想の実現、バブル期の土地対策並びに崩壊後の経済対策など、その時々の社会経済の要請を受け、良好な住環境や高質なインフラを備えた多くのニュータウンを整備してきました。
また、新住宅市街地開発事業等の全面買収型の事業や、従前地先買型の土地区画整理事業等により取得した宅地は、公団住宅用地として自ら活用したほか、住宅用地・施設用地としてエンドユーザー・住宅事業者・企業等への販売により、宅地供給を行ってきました。
その中で、先駆的なまちづくりや宅地開発技術などを確立・具現化してきたことに対して、各学会賞や他各賞を受賞しています。

事業実績

事業実績表
宅地供給実績表

事業施行箇所

関東近辺の地図
大阪近辺の地図
名古屋近辺の地図
九州近辺の地図
全国の地図

事業地区紹介

URが事業を実施した代表的な地区をご紹介します。

多摩ニュータウン

駅前がにぎわっている様子の写真

多摩ニュータウンは、東京都稲城市、多摩市、八王子市、町田市にまたがる多摩丘陵に計画され、1965(昭和40)年から2006(平成18)年までの約40年にわたって開発された、日本最大規模のニュータウンです。
〈所在地〉東京都稲城市、多摩市、八王子市、町田市
〈地区面積〉約2,884ヘクタール

つくばエクスプレスタウン

つくばエクスプレスタウンの電車が走っている写真

「つくばエクスプレスタウン」は、駅を中心としてまち全体が徒歩圏内に広がり、都心へのアクセスはもちろん、常磐自動車道などの道路アクセスにも優れています。
駅前には商業施設などが立地されており日常生活の利便性も確保。周辺地域は豊かな自然に恵まれており「都市の便利さ」と「自然豊かな住環境」がバランス良く保たれています。
〈所在地〉茨城県つくば市ほか
〈地区面積〉約1,611ヘクタール

越谷レイクタウン

JR越谷レイクタウン駅前の写真

越谷レイクタウンは、埼玉県越谷市の南東部に位置し、JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」が地区のほぼ中央にあり、地区を南北に貫く東埼玉道路が外環道路まで約2キロメートルで接続するなど、便利で快適なロケーションにあります。
バリアフリーやCO2削減など、健康・福祉と環境に配慮したまちづくりを調節池の整備と一体的に行い、「新しく水と共存文化を創造する都市」を形成しています。
〈所在地〉埼玉県越谷市
〈地区面積〉約225ヘクタール

千葉ニュータウン

千葉ニュータウン内の施設の写真

千葉ニュータウンは、東京都心と成田国際空港の中間に位置する、首都圏屈指の大プロジェクトであり、広々とした高水準の住環境が魅力のまちです。北総地域の中核として、商業・業務機能をはじめ、大学や行政施設などの中核的施設が集積しています。
鉄道による都心直結、国道沿いの大型商業施設の立地など都市的な利便性と豊かな自然環境の融合が魅力です。また、成田スカイアクセスの開業により、羽田・成田空港に直結する希少なアクセス環境が整いました。新鉄道沿線のまちは価値と魅力が高まると注目されており、まだまだ発展を続けていきます。
〈所在地〉千葉県船橋市、印西市、白井市
〈地区面積〉約1,930ヘクタール

トリヴェール和泉

戸建て住宅の街並みの写真

トリヴェール和泉は、駅前の高層マンション群から緑に囲まれた閑静な住宅まで、いろいろな表情を持っています。
南大阪を代表する複合機能都市「はつが野」は桃山学院大学やまなびのプラザに近接し、文化と緑の薫り高いゆとりの住ゾーンであり、一方「あゆみ野」は岸和田和泉インターチェンジに隣接した最先端技術と都市サービスの集積する新産業ゾーンです。また、「ららぽーと和泉」や「コストコホールセール和泉倉庫店」が立地しており、多様なライフスタイルが実現可能な住環境を備えています。
〈所在地〉大阪府和泉市
〈地区面積〉約368ヘクタール

蔵王みはらしの丘(山形ニュータウン)

自然豊かな街並みの写真

山形ニュータウン「蔵王みはらしの丘」は、山形市と上山市にまたがる丘陵地に位置し、健康・福祉、文化・交流、自然、ゆとりをテーマとした暮らしの実現を目指しています。
親子一緒に走り回るだけで楽しいミュージアムパークなど、恵まれた自然環境を生かしたゆとりと潤いのある良好な住環境を整備するとともに、地元の山形県、山形市、上山市と連携して産業・業務系企業の誘致が進んでいます。1,000人規模のコールセンターや外資系大規模小売店舗が立地し、多くの雇用が創出されるなど、地域の振興にも寄与しています。
〈所在地〉山形県山形市、上山市
〈地区面積〉約260ヘクタール

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ