街に、ルネッサンス UR都市機構

都市再生

都市再生部門では、九州7県と山口県及び沖縄県を事業フィールドとして、以下のような都市再生事業を推進しています。

大都市の再生

都市の活力を取り戻し、魅力と競争力を高めることは、わが国として優先的に取り組むべき課題です。都市再生のプロデューサーとして的確な役割分担の下に多様な事業主体の参画を誘導、拡大するコーディネートを行いながら、また、必要な場合には機構事業と組み合わせて都市の再生を推進します。

地方都市の再生

少子高齢化社会を迎え、地方都市の再生は、国土の適切な管理をはじめ、持続可能な地域社会を築いて行く上で重要な課題です。地方公共団体や民間事業者など多様な主体の連携と参画を図りながら、中心市街地活性化のための新たな制度も活用して、地方都市の再生をめざします。

地域再生・新郊外居住の拠点街づくり

これまで、九州支社では20を超える地区のニュータウン整備を行ってきました。郊外部における魅力ある先導的居住地の整備のみならず都市サービスの供給拠点として、あるいは、新産業創出拠点としての整備を進め、地域の期待に応えるべく地域再生の拠点街づくりの早期完成をめざしています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ