UR都市機構

新地町の復興事業の動き

新地町とURは、平成24年3月30日に基本協定を締結し、相互協力の下、災害公営住宅の整備を進めてきました。
平成25年12月、新地町より建設支援の要請を受けた、愛宕東地区について災害公営住宅が竣工し、これをもって、新地町でのURの復興支援は完了となりました。

復興まちづくり事業の概要

災害公営住宅の整備

地区名 戸数 仕様 状況
愛宕東(あたごひがし) 30戸 RC造 完成・引渡し済

お知らせ

式典等の様子

左から、加藤新地町長、当機構理事長小川(当時)平成24年3月30日 新地町調印式
左から、加藤新地町長、当機構理事長小川(当時)
イメージイメージ
愛宕東(あたごひがし)地区(災害公営住宅)
平成24年3月7日福島県及び新地町から建設要請
(整備概要)
・中層RC造 30戸
・避難経路の確保など安全安心な居住環境の整備
・緩傾斜地の地形を生かした景観形成
愛宕東地区(平成25年1月撮影)愛宕東地区(平成25年1月撮影)
PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get ADOBE READER

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ