街に、ルネッサンス UR都市機構

住宅ストック改修工法の紹介

アスファルト防水常温工法

アスファルトの溶融釜を必要としない、煤煙や臭気発生の問題が少なく環境にやさしい防水工法

アスファルト成形板工法

防水層、断熱材、アスファルト成形板を接着して固定する工法で、軽量のため構造的配慮が必要な建物に有効な屋根外断熱工法

コンクリートブロック工法

押えブロックの部分的撤去が簡単にできてメンテナンスが容易な屋根外断熱工法

階段室床防水

速硬性のウレタン材料を用いて専用のスプレーマシンで吹き付ける防水工法

リフレッシュペイント

リシン仕上げ面の塗り替えを目的として開発されたアクリル樹脂系エマルション仕上塗材

鋼製窓建具アルミ化

既設の鋼製建具枠を撤去せずにアルミ製建具を取り付ける工法で、引き違い建具にはストック改修技術開発等促進事業※での検証により新カバー工法「GRAF-Ⅱ工法」の採用を開始

  • ストック改修技術開発等促進事業
    賃貸住宅の維持保全に必要な技術の改良や新技術の導入等について工事を通じて検証を行い、UR都市機構の維持保全業務で活用するとともに、民間事業者等に技術情報を提供していくことを目的とした事業です。

膜天井工法

無方向伸縮性の軟質ポリ塩化ビニル樹脂製シートを使用し、ひる石吹付天井を短時間で覆える工法

遮音置敷き床工法

住戸の和室を洋室化する場合に、畳下地の荒床を残し、その上に床下地材及び化粧木質系床材を敷設する工法


メニューを閉じる

ページの先頭へ