街に、ルネッサンス UR都市機構

地域関係者と連携した安心安全の住まい・まちづくり


拠点化事例:千葉幸町/千葉県千葉市

地域医療福祉拠点化に取り組んでいる団地

千葉市とUR都市機構は「まちづくりに関する包括的な連携協定」を締結し、高齢者・子育て世帯等に配慮したまちづくりを推進しています。
地域包括支援センターが定期的に開催する地域ケア会議には、地域の関係者が参加し、地域ケアシステムの構築にむけた取り組みを協議しています。

  • 掲載している内容は、平成29年7月末時点の情報です。

【関係者との連携体制】

【特徴的な取組み】

複合施設(美浜しょうじゅタウン)の誘致

団地内の敷地に、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、訪問看護ステーション等の複合施設を誘致しています。施設内には千葉市の子育て支援施設(子育てリラックス館)、地域交流スペース等もあり、安心して生活できる環境を支えています。

子育てリラックス館
(親子交流の場の提供や子育て相談などを実施。)
子地域交流スペース
(地域の方々向けに健康体操のイベントを開催。)

安心居住プランの策定・実施

地域関係者が集まる地域ケア会議において、行動計画(幸町2丁目安心居住プラン)を策定しました。プランの中では、地域の課題を解決する為の取組み等が提案され、既に実施されている取組みもあります。

特別養護老人ホームの喫茶スペース
(地域のボランティアによるカフェ活動が実施されている。)

メニューを閉じる

ページの先頭へ