UR都市機構

工事情報

今月の工事概要について

アスベストについて

当該地区より解体工事前にアスベスト調査を実施したところ複数建物においてアスベストが検出されました。

  • なお、図面に記載のアスベスト標記は、調査箇所(建物の一部)で検出されたものであり、建物全てにアスベストが使用されているわけではありません。
  • 建物を解体する際、アスベストに係る関係法令(大気汚染防止法、労働安全衛生法、廃棄物処理法、建設リサイクル法、市条例等)に則り、必要な手続き(事前届出、完了後の届出)、調査(作業室内や敷地境界での環境測定調査)や対策(囲い込み、石綿の湿潤化、作業員の防護(保護具)、洗身室や更衣室の設置等)を講じております。

騒音振動について

当該地区の工事中の騒音振動の基準は、騒音が最大85db(騒音規制法)、振動が最大75db(振動規制法)となります。 騒音振動計を地区の敷地境界上に6か所設置しており、常時測定しております。

なお、万が一工事中に上記の基準を超過した場合は、工事を中断し、施工法等対応策を講じます。

FAQ

関連ページ

メニューを閉じる

ページの先頭へ