UR都市機構

事業概要

事業方針等

花月園競輪場跡地等のまちづくりは、都市の防災機能の強化を図ることを目的として、UR都市機構が横浜市から要請を受け、地区公園の整備を横浜市に代わって行とうとともに、隣接する民間企業社宅跡地も含めた住宅地整備等を一体的に実施するものです。

今後、横浜市、UR都市機構及び大和ハウス工業株式会社ほか民間事業者が連携して、自然環境や景観などに配慮した快適な居住環境を持つまちづくりを行っていきます。

地区概要

事業手法 防災公園街区整備事業
(都市計画公園と市街地を一体的に整備)
所在地
(交通)
横浜市鶴見区鶴見一丁目他
(京急本線「花月園前」駅徒歩1分)
地区面積 約10.5ha
主な公法上の制限 第一種住居地域(60/200)
第二種中高層住居専用(60/150)
4・4・103号鶴見花月園公園
鶴見一丁目地区地区計画
土地所有者 UR都市機構、民間企業(大和ハウス・京浜急行電鉄・三信住建)、横浜市(道路用地)
事業期間(予定) 平成27年度 ~ 平成32年度

土地利用計画(案)

メニューを閉じる

ページの先頭へ