街に、ルネッサンス UR都市機構

届け!笑顔 第2回

URPRESS 2015 vol.43 UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

届け!笑顔 第2回 - AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援 / 気仙沼市・気仙沼大島(宮城県)

誰かのためになりたい。そんな思いをのせたAKB48「誰かのために」プロジェクト。
2011年5月22日、東日本大震災で被災した岩手県大槌町と山田町に6名のメンバーが訪れてから、早4年以上が経った。毎月被災地を訪問するこのプロジェクトの51回目は、1回目と同じ大槌町。7月22日、灼熱の太陽が照り付けるなか、きらり商店街特設ステージに6名のメンバーが立った。
「また来てくれてありがとう!」「元気が出る!」
そんな声が、集まった人たちから寄せられる。メンバーも力いっぱい歌い、踊った。

8月20日、52回目の訪問先となったのは、宮城県気仙沼市と気仙沼大島。じつは、大島は2年前に「10年桜」を植樹した思い出の地。
久しぶりの再会となった渡辺麻友は、「元気な姿で成長する10年桜を見て、本当にうれしかった」と話す。
大島には美しい海水浴場がある。この浜辺でカフェを営む千葉秀臣さんは、以前AKB48のメンバーが大島を訪れた際にこんな話をしていた。
「ぜひ夏の大島に来てもらって、浜辺でライブをしてほしい」
「誰かのために」プロジェクトは、この言葉を実行した。
「感激です。震災以来、海を怖がる子どもたちが、もう一度、海が好きになるきっかけになります」
浜辺に集まった子どもたちは、真っ青な海をバックに歌い、一緒に踊った。大島の浜辺ライブの後には、気仙沼市内の「復興商店街」で再びライブ。

2度のパフォーマンスを終えたメンバーたちには笑顔が。それ以上に、集まった人たちにも大きな笑顔があふれていた。

[A]加藤玲奈さん(れなっち)

かとう れな/1997年生まれ 千葉県出身
初めての浜辺でのライブ。私もいい思い出になりましたが、皆さんにも夏のいい思い出になるといいな。

[B]飯野雅さん(みやび)

いいの みやび/1997年生まれ 東京都出身
今回が初めての参加ですが、海もきれいでフェリーで鳥と触れ合えたし、普段接しない人たちと、本当に楽しめました。

[C]岩立沙穂さん(さっほー)

いわたて さほ /1994年生まれ 神奈川県出身
すごくきれいな景色を見ることができたし、商店街が活気づいた姿も見ることができて、私たちも元気をもらいました。

[D]大島涼花さん(りょーちゃん)

おおしま りょうか/1998年生まれ 神奈川県出身
2年前に植えた小さな「10年桜」が大きくなって、そのときに会った赤ちゃんが大きくなっていて、また会えたことがうれしかった。

渡辺麻友さん(まゆゆ)
[E]渡辺麻友さん(まゆゆ)

わたなべ まゆ/1994年生まれ 埼玉県出身
「10年桜」が成長している姿をこの目で見られて、心からうれしかった。まちの変化や新たな人との出会いなど、いろんな発見がありました。

岡田奈々さん(なぁちゃん)
[F]岡田奈々さん(なぁちゃん)

おかだ なな/1997年生まれ 神奈川県出身
美しい海を見て、復興が進んでいるんだなと、前向きな気持ちになりました。これからも一生懸命、私たちも元気を届けたいな。

[G]佐藤朱さん(あかりん)

さとう あかり/1996年生まれ 宮城県出身 (チーム8)
気仙沼市の方々の笑顔とか、活気づいている商店街の様子を見て、復興に向かって前に進んでいるんだなと感じました。

佐藤朱さん(あかりん)

AKB48「誰かのために」プロジェクト 東北復興支援 - 大槌町(岩手県)
小笠原茉由さん(まーちゃん)
[H]小笠原茉由さん(まーちゃん)

おがさわら まゆ/1994年生まれ 大阪府出身
大槌町には小笠原さんがたくさんいるみたいで、同じ名前の写真館に入ったら、あたたかく迎えてくれました。身近に思え、人の温もりを感じました。

[I]小嶋菜月さん(なっつん)

こじま なつき/1995年生まれ 千葉県出身
曲中に見上げた空がすごくきれいで大きくて、たとえ東京にいても、笑顔で迎えてくださった皆さんと、この空でつながっていると感じました。

[J]後藤萌咲さん(もえきゅん)

ごとう もえ/2001年生まれ 愛知県出身
AKB48に入ったのは、人のためになることがやりたくて。今回が初訪問ですが、被災地で元気を届ける第一歩になりました。

[K]中西智代梨さん(ちょり)

なかにし ちより/1995年生まれ 福岡県出身
小さな子どもがCDを持って「サインください」と言ってくれたり、「また来てください」と言われたりすると、必要とされているんだなとうれしくなる。

[L]前田亜美さん(あーみん)

まえだ あみ/1995年生まれ 東京都出身
子どもたちの明るい笑顔が印象的で、私たちも元気をもらいました。頑張っている姿を見て、私ももっと頑張ろうと思いました。

[M]峯岸みなみさん(みいちゃん)

みねぎし みなみ/1992年生まれ 東京都出身
私たちには、歌って踊ることしかできない。でも、子どもたちが一緒に歌い踊ってくれると、確実に何かが伝わっているなと実感します。

【竹居鉄也=文、撮影】

峯岸みなみさん(みいちゃん)

届け!笑顔AKB48「誰かのために」プロジェクトバックナンバー


UR都市機構の情報誌 [ユーアールプレス]

UR都市機構の情報誌[ユーアールプレス]の定期購読は無料です。
冊子は、URの営業センター、賃貸ショップ、本社、支社の窓口などで配布しています。

メニューを閉じる

ページの先頭へ