街に、ルネッサンス UR都市機構

徳力団地で暮らしの保健室in小倉が移転・オープンしました

2020年10月06日

9月5日(土)、徳力(とくりき)団地(北九州市小倉南区)の商店街に、社会福祉法人菅生会が 運営する「暮らしの保健室※in小倉」がオープンしました。
これまで、団地内の特別養護老人ホームに併設されていましたが、商店街へ移転し、居宅支援事業所「はるよしケアプランセンター」とコミュニティーカフェを併設することで、より相談しやすいスペースに生まれ変わりました。今後は、これまでの相談窓口に加え、学び、安心、交流、連携、育成の場として、 幅広い活動が展開される予定です。
当日は、同会の山家 滋理事長のごあいさつや、地域関係者の方々からのお祝いに加え 、九州歯科大学の細川隆司副学長による口腔ケアのミニ講座も行われました。
URはこれからも、地域の方々と連携し、地域医療福祉拠点化の取り組みを推進していきます。

  • 暮らしの保健室
    居心地の良い雰囲気で、健康、介護、暮らしの中でのさまざまな困りごとの相談ができるワンストップの相談窓口。地域の交流スペースも併設されている。

暮らしの保健室in小倉 はるよしケアプランセンター前開所式当日、受付の様子

暮らしの保健室内の様子

開所後の様子、たくさんの方が来所されています

山家理事長によるごあいさつ

細川副学長によるミニ講座

メニューを閉じる

ページの先頭へ