街に、ルネッサンス UR都市機構

概要とあゆみ

阪神・淡路大震災により、震源地に近い北淡町は壊滅的な被害を被りました。特に大きな被害を受けた富島地区は、狭小な幅員の生活道路沿いに住宅が密集し、日照、通風等の住環境で課題を持つと共に、歩行者が自転車とすれ違うことにも支障を来たす状況にありました。
また、従来から火災時等の防災面で安全な状態とは言えない区域で、今回の震災を教訓として都市基盤を整備し、住民の生活の安全を守ると共に、住環境の向上を図ることを目的に、土地区画整理事業により、安全で利便性の高い街づくりを行なうことになりました。
都市機構は、北淡町からの要請を受けて、平成11年4月から、土地区画整理事業の業務を受託し、一日も早いまちの復興に向けて取り組んでいます。

事業概要

事業名称 北淡都市計画事業富島震災復興土地区画整理事業
施行者 北淡町(業務を都市機構に委託)
施行地区 津名郡北淡町富島
事業施行期間 平成8年度~平成16年度
従前建物 839棟
権利者数 608名(借地権者23名含む)
計画人口 1,700人
施行面積 20.9ha
土地利用計画 公共用地(道路・公園)6.6ha 宅地14.3ha
主な公共施設 都市計画道路/富島幹線他
 (幅員6~15m、延長5,030m)
区画道路等/幅員4.5~11m
 (総延長 1,845m)
歩行者専用道路/幅員2~4m
 (総延長 1,430m)
公園/6,303平方メートル
 (街区公園4カ所、小公園16カ所)
水路/400m

地区のあゆみ

平成07.02.07 都市計画区域の指定
平成07.03.17 土地区画整理事業の区域及び幹線道路の都市計画決定
(土地区画整理事業・富島幹線)
(被災市街地復興推進地域)
平成08.11.05 設計概要の認可
平成08.11.06 事業計画の決定
平成08.12.27 都市計画の変更決定
(被災市街地復興推進地域の区域拡大)
平成09.05.21 第1回土地区画整理審議会
平成09.12.05 都市計画の変更決定
(富島幹線の変更)
平成09.12.11 事業計画(第1回)変更決定
平成09.12.25 第1回仮換地指定
平成10.01.09 工事着手
平成10.11.10 事業計画(第2回)変更決定
平成10.12.25 北淡町から旧 住都公団へ被災市街地復興
特別措置法に基づく業務委託の要請
平成11.04.01 北淡町と旧 住都公団が業務委託協定等締結
平成12.03.06 都市計画決定(道路、公園)
平成12.05.12 事業計画(第3回)変更決定
平成12.08.18 事業計画(第4回)変更決定
平成13.03.19 都市計画決定(道路)
平成13.06.19 事業計画(第5回)変更決定
平成13.11.30 事業計画(第6回)変更決定
平成14.03.12 都市計画決定(道路,公園)
平成14.06.10 事業計画(第7回)変更決定
平成14.06.10 土地区画整理審議会(2期目)発足
平成14.10.02 事業計画(第8回)変更決定
地元説明会(事業計画変更)
土地区画整理審議会

コラム:阪神・淡路大震災の被害状況

地震の概要

発生日時 平成7年1月17日 午前5時46分
地震の規模 マグニチュード7.2 震度7(激震)
震源地 淡路島北部

兵庫県下の被災状況(平成10年4月現在)

死者 6,398人
負傷者 40,073人
建物の被害 全壊 178,362棟、半壊 258,790棟

北淡町の被災状況(平成10年4月現在)

死者 39人
負傷者 870人
建物の被害 全壊 1,056棟、半壊 1,219棟

富島地区の被災状況(平成10年4月現在)

死者 26人
負傷者 21人(重傷者)
建物の被害 全壊 416棟、半壊 255棟
被災率 約80%
地区の被災状況
地区の被災状況

メニューを閉じる

ページの先頭へ