UR都市機構

桃坂コンフォガーデン地区

桃坂コンフォガーデン地区

医療連携及び生活サービスのネットワークによる安全で快適な住環境の整備

Project Data

  • 所在地 大阪府大阪市
  • 区域面積 約1.7ha
  • 事業手法 住宅市街地整備事業
    (住宅市街地総合整備事業)

プロジェクト概要

交通の利便性の高い都心部において、医療機関の隣地という立地を活かし、安全で快適な住環境を整備する目的から「医療連携及び生活サービスのネットワークで都心生活を支えるまちづくり」、「周辺に配慮した快適で一体的な屋外空間の創出」を開発コンセプトとしてまちづくりが推進されました。UR都市機構の提案するコンセプトをもとに、民間事業者の方々とともに進められたまちづくりです。

UR都市機構の役割

医療機関の建替・集約化の機会を捉え、基盤整備や生活サービスを導入
  • 外部有識者を迎えた「まちづくりコンセプト研究会」を設置し、開発コンセプトを策定
  • 大阪赤十字病院の隣地という立地を活かした医療・福祉・生活サービス機能を導入
  • 道路拡幅や歩行者ネットワークの実現

大阪赤十字病院との連携

民間都市再生事業の推進支援
  • 開発コンセプトの実現を目的とした民間事業者の活力誘導
  • 医療連携のあるまちづくりの支援

まちづくりまでのステップ

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成12年(2000年)
    • 3月 病院の建替・集約化に伴い、都市公団(現:UR都市機構)が用地を取得
  • 平成14年(2002年)
    • 3月 住宅市街地総合整備事業整備計画の大臣承認
  • 平成15年(2003年)
    • 12月 都市公団が外部有識者によるまちづくりコンセプト研究会設置
  • 平成15~16年(2003~2004年)
    • 高齢者支援等施設(医療連携施設)、分譲住宅・民間供給支援型賃貸住宅の事業者の公募
  • 平成16年(2004年)
    • 1月 大阪赤十字病院新病棟開設
  • 平成16~17年(2004~2005年)
    • 高齢者支援等施設、分譲住宅・民間供給支援型賃貸住宅の事業者決定
  • 平成18~19年(2006~2007年)
    • 大阪赤十字病院新病棟開設

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ