UR都市機構

勝田駅東口地区

勝田駅東口地区

地域の実情に即した事業フレームの提案と民間活力の誘導により早期の事業実施を支援

Project Data

  • 所在地 茨城県ひたちなか市
  • 区域面積 約1.5ha
  • 事業手法 市街地再開発事業
    (地方公共団体施行の受託)

プロジェクト概要

茨城県ひたちなか市の中心市街地である勝田駅東口地区では、平成6年に市街地再開発事業の都市計画決定が行われたものの、景気の低迷等により、事業化に至らない状況が続いていました。UR都市機構は、停滞していた市街地再開発事業のコーディネートを実施し、特定建築者等の活用による早期の事業化を図りました。

UR都市機構の役割

市街地再開発事業のリ・スタートに向けたコーディネート業務の実施
  • 市街地再開発事業のリ・スタートに向けたコーディネート業務の実施

地区除外区域の対応(地区計画の設定)

市街地再開発事業の施行業務の一部を受託

  • 施行者である地方公共団体と適切な役割分担・連携を図り、施行業務の一部を受託
  • 事業計画・権利変換計画の作成、関係権利者の調整等及び民間活力の誘導に関する業務等を実施

パートナーシップによる事業の推進

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

プロジェクトのあゆみ

  • 平成6年(1994年)
    • 3月 都市計画決定(市街地再開発事業)
  • 平成17年(2005年)
    • 12月 市の要請に基づき、UR都市機構によるコーディネート業務開始
  • 平成19年(2007年)
    • 2月 市街地再開発事業の施行業務の一部について、市がUR都市機構に対して受託依頼
      4月 業務委託基本協定の締結
         都市計画変更決定(区域面積の変更)
  • 平成20年(2008年)
    • 3月 事業計画決定
      12月 権利変換計画認可
  • 平成22年(2010年)
    • 7月 公共施設工事着工
      8月 Ⅱ街区施設建築物工事 着工
      11月 Ⅰ街区施設建築物工事 着工
  • 平成24年(2012年)
    • 1月 Ⅱ街区施設建築物工事 竣工
      3月 Ⅰ街区施設建築物工事 竣工
      6月 公共施設工事 竣工
         事業完了

この事例を実現した事業手法について

その他の事業の紹介

UR都市機構が取り組む都市再生事例をご紹介します。

メニューを閉じる

ページの先頭へ