街に、ルネッサンス UR都市機構

原団地で健康増進イベントを開催しました

2020年10月15日

9月26日(土)、地域医療福祉拠点化に取り組む原団地(福岡市早良区)で、高齢者向けに健康をテーマにしたイベント「5年先の健康について考えよう~いきいき健康づくり~」を開催しました。
イベントには、早良区保健福祉課、介護事業者ネットワーク「さわらにねっと」を講師としてお迎えし、20人が参加。第一部では、新型コロナウイルス感染症対策や健康をテーマにした講演を行い、第二部では、団地内の健康広場で、いま話題のフレイル※予防や、健康器具の効果的な使い方について、参加者の皆さんが実際に体を動かしながら学びました。
皆さんからは「とても楽しかった」「近所の人とまた健康広場を使ってみたい」との声が寄せられました。URは、お住まいの方々がいきいきと暮らし続けられる環境づくりに取り組んでいきます。

  • フレイルとは 体力や気力、認知機能など、からだやこころの機能(はたらき)の低下によって要介護に陥る危険性が高まっている状態。予防には、運動・食事・社会参加(人やまちとつながること)が大切と言われている。

健康をテーマにした講演。皆さん熱心に聞いています

指導を受けながら健康器具に触れてみる参加者

フレイル予防について教わりました

健康広場で実際に身体を動かします

拡大
原団地にお住いの方に健康をテーマにしたパンフレットを作成
拡大
キーワードは「フレイル!」

メニューを閉じる

ページの先頭へ