街に、ルネッサンス UR都市機構

中登美第三団地で栄養講座及び健康体操を開催しました

2020年08月07日

7月31日(金)、中登美第三団地(奈良県奈良市)で、生活支援アドバイザーイベント「栄養講座及び健康体操」を開催しました。
このイベントでは、URと地域の課題に向けた取り組みを実践する連携協定を締結した、帝塚山大学および大阪経済大学の教授に協力いただき、栄養や健康体操について教わりました。当日は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、参加者を絞り、検温やマスクの着用、フェイスガードを使用するなど工夫しました。
低栄養や運動量の低下は健康寿命を短くする大きな要因になるとして、栄養講座では、特に食事バランスの重要性について、魚介類や緑黄力野菜など具体的な10品目を挙げて説明しました。また、健康体操では、コロナ禍の影響で低下した足腰の筋力や呼吸機能を高める運動など、椅子を使って、自宅でもできる運動を行いました。参加者の方からは「楽しかった」、「夏を乗り切る参考になった」などの声が聞かれました。
今後もURは、感染防止対策を取りながら地域の方々が交流し楽しめるイベントの支援や、地域の活性化に取り組んでいきます。

親子でガーランドフラッグを制作している写真帝塚山大学 新宅賀洋教授による栄養講座

新たなコミュニティー拠点づくりについて大阪経済大学 高井逸史教授による健康体操

メニューを閉じる

ページの先頭へ