街に、ルネッサンス UR都市機構

東京ケアウィーク2020にURがブースを出展しました

2020年02月21日

2月12日(水)から14(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された東京ケアウィーク2020の「超高齢社会のまちづくり展」に、URの地域医療福祉拠点化の取り組みなどを紹介するブースを出展しました。
12日(水)には、専門セミナーでURのウェルフェア総合戦略部長山澤正が講演を行い、約200席が満席になるなど、URの取り組みに高い関心を持っていただけました。
出展ブースでは、「どうしてURがケアウィークに出展しているのか」といった質問から、地域医療福祉拠点化や高齢者等支援の取り組み、URのウェルフェアネットワークについての説明を熱心に聞く事業者の方々もいらっしゃいました。
今後も、URでは、地域や事業者の方々と連携し、多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まちづくりに取り組んでいきます。

専門セミナーに聞き入るたくさんの参加者の写真専門セミナーは満席に

URの出展ブース前の外観写真出展ブースには多くの方々にご来場いただきました

メニューを閉じる

ページの先頭へ