UR都市機構

滝山団地で「第一回 健康・暮らしの相談室」を開催しました

2019年10月10日

10月1日(火)、滝山団地(東京都東久留米市)で、「滝山地域安心つながり連絡会議」による初めてのイベント「第一回 健康・暮らしの相談室」を開催しました。
この会議は、地域関係者との連携構築のため、団地自治会、日本社会事業大学、東久留米市西部地域包括支援センター、東久留米市社会福祉協議会、URを構成メンバーとして、今年4月に始まったものです。
当日は、東久留米白十字訪問看護ステーション、西都保健生活協同組合、明治薬科大学附属薬局の協力のもと、健康講座や個別相談、健康チェックを実施しました。たくさんの方が参加し、「健康寿命や人生会議の大切さがよく分かった」といった声が寄せられました。
今後も、地域関係者と連携しながら、より住みやすい環境づくりに貢献していきます。

東久留米訪問看護ステーション中島朋子氏の講座を熱心に聞く参加者の写真東久留米訪問看護ステーション中島朋子氏による講座
「健康寿命を延ばすヒントと、加齢や病気になっても、自分らしく生活するための『人生会議』について」

健康チェックを受ける住民の写真健康チェックの様子

メニューを閉じる

ページの先頭へ