UR都市機構

UR都市機構の広報活動

UR PRESS(ユーアール・プレス) UR都市機構の情報誌です。

UR都市機構の情報誌 UR PRESS

WEB UR PRESS vol.57

WEB UR PRESS vol.57

URの進める復興まちづくりの今とは?
東北3県(岩手・宮城・福島)と熊本県宇城市の事例とともにご紹介します。

その他の広報活動

変わる日本の「暮らし」と「まち」

PRESIDENT Online

“Open Smart UR”のもとで追求される人が輝く未来の住まい方とは(2019.3.25タイアップ記事)

2030年という近未来における住まいや暮らしのあり方について、URの石渡廣一副理事長とINIAD cHUBの坂村健機構長が語り合いました。

朝日DIALOG

それぞれの思いを結集した「まちづくり」の力(2019.3.11掲載)

東日本大震災から8年。宮城県女川町を大学生3人が訪れ、復興まちづくりに関わった人々と「女川の今と未来」について語り合いました。

朝日BonMarche

子育てママに優しい"まち"って?(2019.1.14掲載)

フリーマーケットや夏祭りなどコニュティー活動が盛んな東雲キャナルコートCODAN。子育て支援施設も充実しており、快適な"まち"をつくっています。

日経地方創生フォーラム

地方都市再生の実現に向けて(2019.1.22実施)

「地域の資源や特性を活かしたまちづくり」「安全で快適なまちづくり」のお手伝いをしている取り組みを通じて、地方都市のまちづくりについて議論しました。(日経BizGate掲載)

日経地方創生フォーラム

Society5.0で解決するまちづくりと地方創生(2018.12.14実施)

AIやIoTの活用など、それぞれの分野で先端を走る有識者の方々が、これからの地方まちづくりのあり方を議論しました。(日経BizGate掲載)

読売OTEKOMACHI 後編

子どもたちが自慢できる場所
URの「子ども目線の子育て」(団地の子育て 後編)(2018.11.26掲載)

埼玉のみさと団地には、安全に遊べる公園や放課後に集まれる集会所など、子どもにとっても魅力的なものが詰まっています。

読売OTEKOMACHI 前編

子育て世代こそ注目してほしい フリーアナウンサーの中村仁美さんが見つけたURの「子ども目線の子育て」(団地の子育て 前編)(2018.11.12掲載)

埼玉のみさと団地には、貸し農園や魅力的なお店が入る商店街区「グレンタ」など、子育て中の家族にとって魅力的なものが詰まっています。

タイムトリップ

歴史小説

メニューを閉じる

ページの先頭へ